キャシュレスに関する情報ならお任せあれ!

【Pay pay】残高を出金する方法 | 手数料や出金できない原因も合わせて解説!

「Paypay残高を出金ってできる?」

「Paypayを使わなくなったから、残高を移動したい・・・」

急に現金が入用になったり、Paypayを使わなくなったから余っている残高を移動したいなんてことありませんか?

2019年10月より、Paypayでは残高の出金機能が追加になりました。

今回はこの「Paypay残高を出金する方法」について解説しています。

振込先の銀行によっては100円の手数料が発生するので、むやみに出金するのは避けたほうが良さそうです。

Paypay残高を出金する場合の注意点

Paypayでは残高を出金する機能があります。

ただし、色々と注意点もあるため、先に確認しておきましょう。

Paypayで出金できるのは「Paypayマネー」のみ。

Paypayでは出金ができますが、全てのPaypay残高が対応している訳ではありません。

出金可能なPaypay残高は、「Paypayマネーのみ」です。

自分が保有しているPaypay残高の内訳はアプリで確認ができます。

f:id:tanakayuuki0104:20191114050650j:plain

Paypayでは残高の種類によって、利用できる用途が異なっています。

f:id:tanakayuuki0104:20191109065121p:plain

上記の通り、出金に対応しているのはPaypayマネーのみ。

  • PayPayマネーとは、出金が可能なPayPay残高です。
  • PayPayマネーを利用するには、本人確認が必要です。
  • なお、所定の本人確認をしても、手続き前に保有しているPayPayマネーライト、PayPayボーナス、PayPayボーナスライトが、PayPayマネーになることはありません。
  • 本人確認後に、銀行口座、セブン銀行ATM、ヤフオク!・PayPayフリマの売上金からチャージした残高が、PayPayマネーとしてご利用いただけます。

引用:PayPayマネーとは – PayPay よくあるご質問

Paypayマネーを利用するには、本人確認が必要

Paypayマネーを利用するには、本人確認が必須となります。

本人確認は以下2種類の方法でできます。

  • 銀行口座の認証を利用する
  • かんたん確認で利用する

チャージ用の銀行口座をPaypayに登録している場合は、「銀行口座の認証」。

登録していない場合は、「かんたん確認」で本人確認を済ませましょう!

注意
  • 本人確認をしても、手続き前に保有している残高はPaypayマネーに交換できません。
  • 本人確認をしても、クレジットカードのチャージなど、一部チャージ方法はPaypayマネーライトでチャージされます。
  • 「かんたん確認」の場合、手続きから最短3日程度の期間がかかります。

Paypayマネーは、出金・送金・割り勘ができるオールラウンダーです。

利便性が上がるので、登録しておきたいですね。

手数料:100円が必要(ジャパンネット銀行以外)

Paypay残高を出金する場合は、手数料が発生します。

ジャパンネット銀行 0円
ジャパンネット銀行以外の金融機関 100円

銀行口座の登録が必要

Paypay残高を出金したい場合、銀行口座の登録が必須となります。

なぜなら、出金したお金は銀行口座へ振り込まれるからです。

銀行口座の登録が済んでいない場合は、事前に登録をしておきましょう。

f:id:tanakayuuki0104:20191114053414j:plain

銀行口座への振込まで時間がかかる

出金時の振込日程に関しては、出金段取り中の画面に予定日が記載されます。

某地方銀行への出金の場合ですが、以下の予定になりました。

11月14日 5:15に出金指示 ➡︎ 11月18前後振込予定

f:id:tanakayuuki0104:20191114052559j:plain

振込に関しても、振込先の金融機関によって対応スピードが異なります。

  • ジャパネット銀行:即時
  • ゆうちょ銀行:3〜4営業日
  • その他金融機関: 1〜2営業日

引用:出金のスケジュール・明細の表記が知りたい – PayPay よくあるご質問

ジャパンネット銀行に関しては、振込期間や手数料など優遇されるようですね。

出金ができない場合の原因

出金ができない場合、以下のような原因があります。

当てはまりそうなものがあれば、確認してみてください。

本人確認が完了していない

本人確認が完了しているかをPayPayアプリの[アカウント]から確認することが可能です。

  • 本人確認:完了

となっていればOKです。

paypay_本人確認

Paypayマネーの残高が不足している

Paypayマネーの残高が出金額よりも少ない場合は出金することができません。

出金額を減らして対応しましょう。

paypay_paypayマネー

出金上限を超えている

出金機能では、24時間で50万円まで出金が可能です。

50万円以上出金するケースはなかなかありませんが、参考情報です。

なお、不正利用防止・被害予防などの観点から、出金額を制限する場合があります。

利用が制限されている

不正利用防止・被害予防などの観点から、利用が制限されている場合があります。

口座情報が間違っていて振り込みできなかった

受け取り用口座の口座情報(口座番号や支店名など)が違っていた場合は、出金できません。

参考:出金できない、振り込みが確認できない – PayPay よくあるご質問

Paypay残高を出金する方法

ここからは、実際にPaypay残高を出金する手順を確認していきましょう。

Paypay残高を出金する手順

①PayPayアプリ下部の[残高]をタップ

f:id:tanakayuuki0104:20191114053951j:plain

②あなたの残高画面の[銀行口座に出金]をタップ

f:id:tanakayuuki0104:20191114054036j:plain

③登録済み口座がある場合、希望の口座を選択

f:id:tanakayuuki0104:20191114054138j:plain

④出金したい金額を入力し、出金するをタップ

f:id:tanakayuuki0104:20191114054225j:plain

⑤手続きが完了すると振り込み予定日が記載し、後日振り込まれます

f:id:tanakayuuki0104:20191114052559j:plain

出金できる金額単位

100円〜500,000円まで出金することが可能です。

金額単位に関しても1円単位で可能です。

つまり、細かい端数がPaypay残高に残っていたとしても、全ての金額を銀行口座に出金することができるわけですね。

f:id:tanakayuuki0104:20191114052108j:plain

Paypay残高を出金しないで移動する方法

銀行口座への出金ができない方や、急ぎでお金が必要な方は、出金以外の方法でPaypay残高を失くすのがオススメです。

出金以外の方法は「送金」

Paypay残高を出金以外で移動する方法は、「送金」がベストです。

送金機能は、Paypayを利用しているユーザーへPaypay残高を送るものです。

自分の知り合いにPaypay残高を「送金」した後、送金分の現金を受け取る方法もありですね。

f:id:tanakayuuki0104:20191109065121p:plain

送金は、「Paypayマネー」あるいは「Paypayマネーライト」が対応しています。

Paypay残高を他ポイントに交換はできない

「Paypay残高を他のポイントに変換できたら嬉しいのに・・・」と考える人もいるかと思いますが、残念ながらPaypay残高を他のポイントに交換することはできません。

Paypayはヤフー系列なので、Tポイントに交換できないかと調べましたが、交換は不可のようです。

ここは、今後の改善に期待したいところですね。

Paypayを解約する

Paypay残高を出金させた方は、解約の手続きに入る方もいるかとと思います。

この解約を行うことで、残高含め、全ての登録情報を削除することができます。

なお解約については、Paypayアプリを削除するだけでは不十分です。

アプリを削除しただけでは、登録された情報は全て残ったままになってしまいます。

正式な手順に従って、 しっかりと解約しておきましょう!

詳細な手順は下記の記事にまとめてあります。

まとめ

今回は「Paypay残高を出金する方法」について解説しました。

ポイントは以下となっています。

◆出金できるPaypay残高は「Paypayマネーのみ」

◆出金するためには「本人確認」と「銀行口座の登録」が必要

◆出金以外でPaypay残高を移動するには、送金がオススメ

出金機能はようやく実装された機能で、Paypayが始まった頃は使えないものでした。

手数料が最大100円取られますが、Paypay残高を残しておきたくない人にとっては非常に価値のある機能ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です