イオンカードで最大20%キャッシュバックキャンペーン実施中【2020年5月10日まで】

【Pay pay】銀行口座を登録する方法 | 登録できない原因も併せて紹介

「Paypayを使うときって、銀行口座の登録が必要?」

「Paypayに銀行口座を登録する方法が知りたい!」

Paypayを利用する際、銀行口座を登録することができますが、

銀行口座をいちいち登録をするのって面倒くさいので、他に良い方法はないの?と思うことありませんか。

ですが、結論を言ってしまうと

Paypayでは銀行口座を登録した方が便利です。

今回は、Paypayの銀行口座登録に焦点を当て、

  • なぜ銀行口座を登録する必要があるのか?
  • 口座を登録できる銀行はどこなのか?
  • 銀行口座を登録する方法は?
  • 銀行口座が登録できない原因

といったポイントを解説していきたいと思います。

Paypayを利用するとき、銀行口座を登録するメリット

Paypayを利用する際に、銀行口座の登録をしなくても使用することは可能です。

ですが、銀行口座を登録したほうが絶対に便利です。

以下でその理由を説明していきます。

まずPaypayでは、以下2つの支払い方法があります。

  • Paypay残高
  • クレジットカード

クレジットカード以外は、残高へのチャージが必要となってきます。

支払い方法 チャージ方法
Paypay残高 銀行口座
ヤフーカード
セブン銀行ATM
Paypayギフトカード
ヤフオク売上金
ソフトバンク・ワイモバイルまとめて支払い
クレジットカード

上記表の中で簡単にチャージできる方法はと言えば、以下2通りです。

  • 銀行口座
  • ヤフーカード

ヤフーカードを利用しているのであれば、銀行口座を登録する必要はありませんが、保有していない方のほうが圧倒的に多いはずです。

また、他の方法で一番手軽なのではセブン銀行ATMでのチャージになりますが、わざわざコンビニでチャージするのはものすごい手間ですよね?

それであれば、銀行口座を登録して、いつでもどこでもチャージできたほうが絶対にいいはずです。

クレジットカードより、「チャージ➡︎残高」で支払いをしたほうがいい理由

「いやいや・・・・、残高ではなくてクレジットカード払いでもいいのでは?」

そんなことを思う方もいるかと思います。

確かにクレジットカード払い払いであれば、チャージをする手間もなく支払いが完了します。

ですが、Paypayキャンペーンの特典が受けられなくなる可能性が高いです。

paypay_還元率

引用:https://paypay.ne.jp/event/anytime/

クレジットカードでは、ヤフーカード以外はキャッシュバックの対象外となっています。

また、その他の期間限定キャンペーンでもクレジットカードは優遇されていないため、Paypayでのクレジットカード支払いはあまりオススメできません。

そのため、Paypayを利用するのであれば銀行口座を登録した方が絶対に便利です!

Paypayで対応している銀行一覧

2020年2月現在、登録できる銀行は60以上の金融機関に対応しています。

【メガバンク・ネット銀行】

  • ジャパンネット銀行、ゆうちょ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、イオン銀行、auじぶん銀行、住信SBIネット銀行

【あ行】

  • 愛知銀行、青森銀行、秋田銀行、足利銀行、阿波銀行、イオン銀行、池田泉州銀行、伊予銀行、岩手銀行、auじぶん銀行、愛媛銀行、大分銀行、沖縄銀行

【か行】

  • 北日本銀行、紀陽銀行、京都銀行、関西みらい銀行、熊本銀行、群馬銀行、京葉銀行

【さ行】

  • 埼玉りそな銀行、山陰合同銀行、滋賀銀行、四国銀行、静岡銀行、七十七銀行、親和銀行、ジャパンネット銀行、住信SBIネット銀行、十六銀行、常陽銀行、スルガ銀行、仙台銀行

【た行】

  • 大光銀行、第三銀行、大東銀行、千葉銀行、千葉興業銀行、中京銀行、筑波銀行、東邦銀行、東北銀行、徳島大正銀行、鳥取銀行、トマト銀行、富山銀行

【な行】

  • 長野銀行、南都銀行、西日本シティ銀行

【は行】

  • 八十二銀行、百五銀行、百十四銀行、広島銀行、福井銀行、福島銀行、福井銀行、福岡銀行、北越銀行、北洋銀行、北陸銀行、北海道銀行

【ま行】

  • みずほ銀行、三井住友銀行、武蔵野銀行

【や行】

  • 山梨中央銀行、ゆうちょ銀行、横浜銀行

【ら行】

  • りそな銀行

引用:利用可能な金融機関 – PayPay

Paypayに銀行口座を登録する方法

ここでは、Paypayに銀行口座を登録する方法について解説していきます。

銀行口座を登録する手順

①Paypayのトップ画面から「銀行口座登録」をタップ

Paypay_銀行口座_登録

②金融機関名を入力し、登録する金融機関をタップします

Paypay_銀行口座_登録

③「口座名義」、「生年月日」を入力し、「登録手続きをする」をタップ

Paypay_銀行口座_登録

④あとは、各金融機関のWebサイトヘ移動し、手続きをすすめれば完了です。

銀行口座を登録する際に用意するもの

いざ登録しようとした際に、必要なものが足りず登録できなかった・・・などといったことがないように、登録時に必要なものをご紹介いたします。

必要なアイテム

  • 通帳
  • キャッシュカード
  • 暗証番号

ただし、必要な情報は登録する銀行によって多少異なるようです。

その場合は、他に必要なものがあるかもしれません。

Paypayに銀行口座が登録できない原因

銀行口座の登録ができない場合は、以下のような原因が考えられます。

「入力内容に不備があります」と表示される

口座番号、生年月日、口座名義等の入力に不備がある可能性があります。

「登録には本人確認が必要です」と表示される

「かんたん確認」を行い、本人確認が完了してから再度手続きを実施してください。

かんたん確認に詳細な手順はこちら。

本人確認について – PayPay よくあるご質問

MEMO

本人確認を申請後、認証するまでに数日かかります。

「入力された情報では登録できません」と表示される

入力した銀行口座の名義が、本人確認情報やすでに登録されている銀行口座の名義と異なっている可能性があります。

本人名義の銀行口座を用意して手続きをしてください。

本人名義の口座が登録できない場合は、「かんたん確認」を行った後に再度手続きをお試しください。

登録した銀行口座を削除する方法

前章では登録方法について説明しましたが、銀行口座を削除する方法についても解説しておきます。

削除する手順はいたって簡単です。

①Paypayトップ画面から「アカウント」をタップ

Paypay_銀行口座_削除

②「支払い方法の管理」をタップ

Paypay_銀行口座_削除

③上部にあるカードをスライドして、削除対象の銀行口座を表示

Paypay_銀行口座_削除

④右上の・・・をタップし、「削除」をタップ

Paypay_銀行口座_削除

⑤「削除する」をタップし、完了です。

Paypay_銀行口座_削除

無効と削除について

銀行口座を削除する際に、「削除する」か「無効にするか」を選択することができます。

無効ってなに?という疑問を持つ方もいるため、この違いについても簡単に説明していきます。

無効とは

無効とは、Paypay上にデータを残しつつ、利用できないようにすることです。

一時的に使用しない場合や、誤って使用しないようにするために用いるのが便利です。

削除とは

削除とは、Paypay上から完全にデータを消し去ることです。

そのため、再度利用するためには、登録が必要になってきます。

銀行口座からのチャージや出金にかかる手数料は?

ここでは銀行口座を用いて、残高へのチャージや出金をする際の手数料について解説します。

銀行口座からチャージする場合の手数料

銀行口座からPaypay残高へチャージする場合、手数料は無料です。

費用はかからないため、チャージし放題です。

銀行口座へ出金する場合の手数料

基本的にジャパンネット銀行へ出金する以外は手数料100円が発生します。

ジャパンネット銀行 0円
ジャパンネット銀行以外の金融機関 100円

まとめ

今回は、「Paypayで銀行口座を登録する方法」について解説しました。

ポイントは以下となります。

◆銀行口座登録はマストではないが、登録したほうが絶対に便利

◆Paypay残高でないと、キャッシュバックを受けられない可能性が高い

◆Paypay残高へチャージするには、銀行口座登録がほぼ必須

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です