イオンカードで最大20%キャッシュバックキャンペーン実施中【2020年5月10日まで】

【Pay pay】残高を送金する方法 | 手数料や送金できない原因も合わせて解説

「Paypay残高って友達に送れる?」

「おごってもらった分をPaypayで送金したい!」

Paypayはコンビニなど多くの店舗で利用できるスマホ決済サービスです。

現金いらずで支払いができるのが主な特徴ですが、「個人間送金を行える」ことも特徴の1つとなっています。

今回はこの「送金機能」に関して、手順や注意点をまとめてみました。

手数料無料かつ履歴も残るので、お金の貸し借りはPaypayですると便利ですよ!

1:Paypayの送金機能って何?

Paypayには「Paypay残高」を他ユーザーへ送金する機能があります。

お金を貸し借りする場合や、割り勘のときなどに利用すると便利ですし、細かい金額まで指定することができるので、現金だと面倒臭いことが一瞬で片付いてしまうこともメリットです。

2:Paypay残高を送金する場合の注意点

Paypayで送金できるのは「Paypayマネー」とPaypayマネーライト」のみ

Paypayで送金できる残高は、

  • Paypayマネー
  • Paypayマネーライト

の2種類となっています。

自分が保有しているPaypay残高の内訳はアプリで確認ができます

Paypay_残高内訳

キャンペーンなどで入手できる、Paypayボーナスやボーナスライトは対象外となっています。

Paypayでは残高の種類によって、利用できる用途が異なります。

Paypay残高_用途一覧

上記の通り、送金に対応しているのはPaypayマネー、マネーライトのみです。

手数料は無料で送金できる

送金をする際、手数料が気になるポイントだと思いますが、

手数料は無料です。

出金する場合は手数料が100円必要となります。(ジャパンネット銀行以外)

3:送金ができない場合の原因

送金ができない場合、以下のような原因があります。

当てはまりそうなものがあれば、確認してみてください。

PaypayマネーまたはPaypayマネーライトの残高が不足している

PaypayマネーまたはPaypayマネーライトの残高が不足している場合、送金することができません。

不足分をチャージしてから送金を行いましょう。

なお、不足分がある場合は送金画面からでもチャージができるような仕組みになっています。

端末のセキュリティ設定が完了していない

端末のセキュリティ設定が完了していない場合、送金することができません。

「端末のセキュリティを設定してください」のエラーが表示された場合は、以下設定をしてみてください。

iOS端末の場合

iPhone、iPad、iPod touch でパスコードを使う – Apple サポート

iPhone や iPad で Touch ID を使う – Apple サポート

Android端末の場合

Android デバイスで画面ロックを設定する – Android ヘルプ

利用に制限がかかっている

以下のような場合、エラーメッセージが表示され残高を送金することができません。

  • 10万円(過去24時間)や50万円(過去30日)を超える場合
  • 取引審査の監視に該当した場合
  • 同じ金額で複数回送金をしようとした場合

参考:「現在ご利用を制限しております」と表示され、残高を送れなかった – PayPay よくあるご質問

Paypay_送金_エラー

上記に該当する場合は、時間をおいてから再度試してみるのがよさそうです。

4:Paypayで送金する方法

ここからは実際に送金する方法を紹介します。

Paypay残高を送金する方法は以下の3種類。

  1. 受け取り側のQRコードを読み取って送る
  2. 携帯電話番号/Paypay IDあてに送る
  3. 受け取りリンクを作成して送る

それぞれどんなものかを説明していきます。

A.受け取り側のQRコードを読み取って送る

これは受け取る側に表示されるQRコードを読み込み、送金をする方法となります。

  • 受取側:QRコードの表示
  • 送金側:QRコードの読み込み➡︎送金額の設定

詳細な手順は以下となります。

①Paypayホーム画面にある「送る」を選択

Paypay_送金

②「友達のQRコードを読み取る」を選択

Paypay_送金_QR

③【受取側】Paypayホーム画面にある「受取る」を選択し、QRコードを表示)

④受取側のQRコードを読み取る

Paypay_送金_QR

⑤送金する金額を入力

Paypay_送金_QR

⑥内容を確認し、「〇〇円を送る」を選択

Paypay_送金_QR

これで完了です。

B.携帯電話番号/Paypay IDあてに送る

これは、携帯電話番号またはPaypay IDを入力して、送金する方法となります。

  • 受取側:操作不要
  • 送金側:携帯電話番号またはPaypay IDの入力➡︎送金金額を入力する

詳細な手順は以下となります。

①Paypayホーム画面にある「送る」を選択

Paypay_送金

②検索欄に受取側の「携帯電話番号」または「Paypay ID」を入力

Paypay_送金_電話番号

MEMO

Paypay IDはアカウントごとに設定ができる固有のIDです。

主に、送金利用時に使用するものになります。

Paypay_ID

上記のPaypay IDが未設定の場合は、アカウントからIDを設定しておきましょう。

③送金する金額を入力

Paypay_送金_電話番号

④内容を確認し、「〇〇円を送る」を選択

Paypay_送金_電話番号

これで完了です。

注意
  • 誤った人への送金を防ぐため、パスコードの入力推奨の方法です。設定方法は下記Q&Aに記載しています

C.受け取りリンクを作成して送る

こちらは受け取り用のリンクを作成し、SNSやメールなどで送信できる機能です。

  • 受取側:操作不要
  • 送金側:送金金額を入力➡︎受け取りリンクの送付

詳細な手順は以下となります。

①Paypayホーム画面にある「送る」を選択

Paypay_送金

②「受け取りリンクを作成する」を選択

Paypay_送金_リンク

③送金する金額を入力

Paypay_送金_リンク

④内容を確認し、「〇〇円を送る」を選択

Paypay_送金_リンク

⑤受け取り用のリンクをコピーし、メールやSNSにて送る

Paypay_送金_リンク

これで完了です。

注意
  • 誤った人への送金を防ぐため、パスコードの入力推奨の方法です。設定方法は下記Q&Aに記載しています

5:Paypayで受け取る方法

前章の内容は送金に焦点をあてた内容だったので、次はPaypayで受取る方法をご紹介します。

Paypay残高を送金する方法は以下の2種類。

  1. アプリに受け取り依頼の通知が来る場合
  2. SNSやメールで受け取りリンクが届いた場合

それぞれどんなものかを説明していきます。

a.アプリに受け取り依頼の通知が来る場合

送金側がPaypay残高を送金した場合、Paypayアプリホーム画面とSMSに受け取り依頼の通知が届きます。

詳細な受け取り手順は以下となります。

①Paypayホーム画面に表示される「受け取り待ちリスト」を選択

Paypay_送金_受け取り

②目的の受け取り内容を選択

Paypay_送金_受け取り

③内容を確認し、「受け取る」を選択

Paypay_送金_受け取り

④受け取り完了です。

Paypay_送金_受け取り

b.SNSやメールで受け取りリンクが届いた場合

SNSやメール等で受け取り用リンクが届いた場合は、リンク先の内容にしたがって受け取りを済ませます。

詳細な受け取り手順は以下となります。

①SNSやメールで届いた「受け取り用リンク」を選択

図の場合は、LINEで送られてきた場合になります。

Paypay_送金_受け取り

②内容を確認し、「受け取る」を選択

Paypay_送金_受け取り

③受け取り完了です。

Paypay_送金_受け取り

6:送金機能のここが気になる「Q&A」

この章では、Paypay送金機能に関して気になる部分をQ&A形式で記載していきます。

受け取りに期限はある?

期限は2週間となっています。

その期限をすぎると、送金された残高は送金側へ戻ります。

一度送ったものは取り消せる?

送金側でキャンセルはできません。

送金側に残高が戻るのは以下の場合となります。

  • 相手が受け取りを辞退
  • 受け取り期限切れ
  • 受け取り側がパスコードを3回間違う

受取側に辞退を依頼する方法が一番良さそうですね。。。

送金の履歴は残る?

Paypayアプリの残高欄に下記のような履歴が残ります。

f:id:tanakayuuki0104:20190712050317j:plain

支払い忘れや計算間違い等防ぎ、割り勘等でも問題なく使えそうですね。

パスコードは設定した方がよい?

「誤って別の人に送金した」場合や、「SNS等で公に公開してしまった」場合に備え、事前にパスコードを設定しておくことをオススメします。

パスコードは、送金内容確認手順のところで設定が可能です。

設定が完了したのち、パスコードを受け取り側の人に伝えましょう!

7:まとめ

今回は、Paypayの送金方法と受け取り方法についてご紹介しました。

送金方法は、以下の3通り。

  1. 受け取り側のQRコードを読み取って送る
  2. 携帯電話番号/Paypay IDあてに送る
  3. 受け取りリンクを作成して送る

受け取り方法は、以下の2通り。

  1. アプリに受け取り依頼の通知が来る場合
  2. SNSやメールで受け取りリンクが届いた場合

QRコードを読み取る方法以外は、送る先を間違えてしまう可能性があるため、必ずパスコードを設定したほうが良さそうです。

現金であれば、「渡した」、「渡してない」といった口論が起きそうですが、Paypayであれば履歴が残るので安心。

お金を渡すときは、現金よりもこういった「決済サービス」を利用した方が良さそうですね。

それでは、今回は以上となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です