イオンカードで最大20%キャッシュバックキャンペーン実施中【2020年5月10日まで】

Kyashの使い方をわかりやすく解説!

「Kyashに登録してみたけど使い方がよくわからない」

「リアルカードとバーチャルカードどっちを使えばいいの?」

Kyashはプリペイド型のVISAカードです。

クレジットカードではなくプリペイド型のため、あまり使ったことがないという人も多いと思います。

今回は、「 Kyashの使い方」についてまとめてみました。

割と迷うのが、リアルカードとバーチャルカードのどちらを使えば良いのかということだったりします。

その辺りも含めて解説していきますね。

Kyashはウェブ上でも実店舗でも利用可能

KyashはVISAブランドのカードが使えるところであれば、実店舗でもウェブ上でも利用することが可能なカードです。

Kyashには2種類あり、

  • リアルカード
  • バーチャルカード

が存在します。

どちらを発行するかで、「還元率」や「使える場所」が変わってくるので気をつけないといけません。

Kyashは利用前に残高チャージが必要

Kyashはプリペイド型カードのため、使用する前に残高へのチャージが必要になります。

f:id:tanakayuuki0104:20191207052924j:plain

残高をチャージする方法は以下の4つ。

  • クレジットカード・デビットカードの登録(VISA or Mastercard)
  • コンビニでチャージ
  • セブン銀行ATMでチャージ
  • 銀行ATM(Pay-easy)でチャージ

自分に適する方法でKyashにチャージしておきましょう。

オススメはもちろんクレジットカードです。

手元で残高へのチャージができるし、オートチャージにも対応しているため利便性が高いためです。

Kyashリアルカードの使い方(実店舗とウェブ上)

リアルカードの場合は実店舗とウェブ上で利用することできます。

使い方も非常に簡単で、

  • 店舗の場合は、レジでリアルカードを提示するだけです
  • ウェブ上でのショッピングの場合は、ショッピングサイトでカード情報を登録して使うだけです

f:id:tanakayuuki0104:20191118061006j:plain

Kyashバーチャルカードの使い方(ウェブ上のみ)

バーチャルカードの場合は実店舗では使えず、ウェブ上でのショッピングのみとなります。

f:id:tanakayuuki0104:20191207052924j:plain

上記のような形でアプリ上で「カード番号」と「セキュリティーコード」、「有効期限」が記載されているので、それをクレジットカードと同様に登録すれば利用可能になっています。

カードを作るならリアルカード一択

カードには2種類、

  • リアルカード
  • バーチャルカード

があるので、どちらを作ればいいのか迷う方がいるかもしれませんが、

基本的にはリアルカード1択です。

リアルカードのメリットは、還元率がバーチャルカードよりも高いことです。

それに加えて実店舗でも買い物ができるので利用の幅が広がります。

なお、リアルカードは発行を依頼してから多少時間が必要です(2週間〜1ヶ月程度)。

バーチャルカードはその間の繋ぎ役として利用しましょう!

Kyash残高不足の場合はエラーが発生する

Kyashはプリペイド型のカードのため、買い物をする際には「残高」が必要になります。

残高が不足している状態で買い物をした場合は、エラーが発生し支払うことができないので気をつけておきましょう。

これはAmazonで買い物した場合です。

カード残高が不足している場合、Amazonからメッセージが届きます。。。

f:id:tanakayuuki0104:20191212061637j:plain

残高をいちいちチャージしてから支払いをするのは、割と面倒なためオートチャージを設定しておくのが便利です。

クレジットカード登録なら自動チャージの設定が便利

自動チャージは残高の不足分を自動でチャージしてくれる機能です。

クレジットカードまたはデビットカードを登録している場合に使えるようになります。

f:id:tanakayuuki0104:20191211061902j:plain

この自動チャージを設定しておくことで、Kyash残高が不足している場合でも登録しているカードから支払うことが可能になります。

自動チャージはキャッシュを便利にする非常に有効な機能です。

クレジットカードを登録している人はぜひ設定しておきましょう

ポイントの交換方法

Kyashでは、利用額に応じて最大1%が還元される仕組みとなっています。

還元分はKyashポイントと呼ばれるもので貯まっていくのですが、実際に利用したい場合はKyash残高へ変換を行う必要があります。

とは言うものの、交換方法は簡単で、

アプリ上で、ポイント残高に対していくらKyash残高へ交換するか入力するだけです。

f:id:tanakayuuki0104:20191211062501j:plain

f:id:tanakayuuki0104:20191211062613j:plain

Kyashポイントの有効期限:180日

Kyashポイントには有効期限が存在します。

  • Kyash Visaカードによる最終購入日から180日となります
  • 還Kyash Visaカードによる購入が180日間ない場合、保有しているKyashポイントは失効いたします
  • マイナスポイントは無期限となります

引用:Kyashポイントについて – Kyash HELP

Kyash残高へ変換してしまえば有効期限はなくなるので、定期的にKyash残高へ変換していくことをオススメします。

ポイントを失効したらもったいないですからね!

まとめ

今回は「Kyashの使い方」について解説しました。

ポイントは以下となっています。

◆Kyashは実店舗でもウェブ上でも利用可能

◆実店舗で使用する場合は、「リアルカード」を発行する必要がある

◆Kyashはプリペイド型のため、事前にチャージが必要

◆Kyashの還元はポイントで行われるため、ポイントを残高へ変換する必要あり

基本的な使い方のイメージは、クレジットカードの代わりにKyashを使うようなイメージになりますね。

Kyashは使うたびに最大1%のポイントが還元されることが魅力のカードです。

クレジットカードと合わせて、ポイント2重取りをしていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です