【2020年版】Kyashとは? | 3分でわかるKyashの基礎

「Kyashって何?」

「Kyashでは何ができるの?」

Kyashはプリペイド型の VISAカードです。

Kyash最大の特徴は、支払いごとにポイントが還元されること。さらに、クレジットカードからKyashへチャージすることで、ポイント2重取りすることも可能です。

今回はそんな魅力的な「Kyash」について解説していきます。

この記事を読む事で、「Kyashとは何か?」について理解できるように解説しているので、Kyashが気になる方はぜひ読んでみてください。

MEMO

Kyashは2020年5月からリニューアルし、3種類のカードとなりました。

  • Kyash Card
  • Kyash Card Lite(旧リアルカード)
  • Kyash Card Virtual(旧バーチャルカード)

Kyashとは?

まず、Kyashのキャの字も知らない方へ向けて、そもそも何かを説明していきますね。

Kyashはプリペイド型のVISAカードです。こんなカードですね。

f:id:tanakayuuki0104:20191118061006j:plain

簡単に言えば、Kyashにお金をチャージして、Kyashを使って買い物ができるサービスです。似たようなもので言えば、「nanaco」や「suica」に該当します。

nanacoやsuicaでは利用場所が限定されていますが、Kyashの場合はVISAブランドが使えるお店ではどこでも使うことができます。

Kyashの種類

Kyashには以下3種類のカードがラインナップされています。

  • Kyash Card
  • Kyash Card Lite
  • Kyash Card Virtual

参考:Kyash Card|Kyash(キャッシュ)

それぞれのカードには特徴があります。そのため、自分にあったカードを選びましょう。個人的には還元率が高く、他のカードと比較してもデメリットがほとんどないKyash Cardがオススメです。

Kyash Card

Kyash Cardの特徴は、

  • 還元率:1%
  • 1回・1月の支払い上限金額が高い
  • 国内・海外の店舗で利用できる
  • Visaタッチ決済に対応している
  • ICチップ搭載
  • 発行手数料:900円がかかる
  • 年会費無料

Kyash Cardは3種類のカードの中で、一番還元率が高いです。

Kyash Card Lite

Kyash Card Liteの特徴は、

  • 還元率:0.5%
  • 国内の店舗で利用できる
  • 発行手数料:300円がかかる
  • 年会費無料
  • 100万円以上利用した場合は、カードの再発行をする必要あり

旧リアルカードのことです。リニューアル前と比較すると還元率が1%→0.5%に低下しています。

Kyash Card Virtual

Kyash Card Virtualの特徴は、

  • 還元率:0.5%
  • オンライン決済のみ対応
  • 発行手数料:無料
  • 年会費無料

旧バーチャルカードのことです。プラスチックカードが発行されない、スマホアプリ上で管理するカードです。こちらもKyash Card Lite同様に還元率は0.5%。

Kyashの仕様

次は、より詳細なKyashの仕様を見ていきましょう。それぞれのカードで、還元率や利用できる店舗、上限金額が異なってきます。

Kyash CardKyash Card Lite
(旧リアルカード)
Kyash Card Virtual
(旧バーチャルカード)
還元率1%0.5%0.5%
色・デザイン3色
(ネイビー/シルバー/ピンク)
青色のみ青色のみ
チャージ方法クレジットカード・デビッドカード
コンビニ
セブン銀行ATM
銀行ATM(ペイジー)
決済上限30万円/回
100万円/月
5万円/回
12万円/月
3万円/回
12万円/月
還元対象上限12万円まで12万円まで12万円まで
国内利用オンライン決済のみ
海外利用オンライン決済のみオンライン決済のみ
発行手数料900円300円無料
年会費無料無料無料
Visaタッチ
決済

参考:Kyash Card|Kyash(キャッシュ)

Kyashの還元率

Kyashでは保有するカードの種類によって、還元率が異なります。

Kyash CardKyash Card Lite
(旧リアルカード)
Kyash Card Virtual
(旧バーチャルカード)
還元率1%0.5%0.5%
MEMO

Kyashの還元には条件があります。還元対象となる商品や還元上限など、要チェックですよ!

Kyash】還元率は最大1% 【クレジットカードと紐づけて最大2%以上還元可能】

リニューアル前のKyash還元率

  • リアルカード:1%
  • バーチャルカード:0.5%

還元率自体は大きく変わっていませんが、リアルカードの還元率が下げられました。

Kyashの色・デザイン

Kyashの色・デザインも、保有するカードで変わってきます。

Kyash CardKyash Card Lite
(旧リアルカード)
Kyash Card Virtual
(旧バーチャルカード)
色・デザイン3色
(ネイビー/シルバー/ピンク)
青色のみ青色のみ

Kyash Card

Kyash_カードデザイン

Kyash Cardはネイビー・シルバー・ピンクの3色展開となっています。この中から好きなデザインを選ぶことが可能。

一番人気は、落ち着いた雰囲気のある「ネイビー」です。

また、カード表面にカード番号などの無駄な記載がないのも特徴。スタイリッシュに使えるカードです。

裏面にカード番号などが記載されています。

Kyash_カードデザイン

Kyash Card Lite

Kyash Card Lite

Kyash Card Liteは、1色展開。シンプルな青色のカードです。

Kyash Card Virtual

Kyash Card Virtual

Kyash Card Virtualは、Kyash Card Liteがスマホアプリ上に表示される形です。

Kyashのチャージ方法

チャージ方法は全部で4種類設定されています。

Kyash CardKyash Card Lite
(旧リアルカード)
Kyash Card Virtual
(旧バーチャルカード)
チャージ方法クレジットカード・デビッドカード
コンビニ
セブン銀行ATM
銀行ATM(ペイジー)

参考:チャージ・登録カード – Kyash HELP

Kyashカードの種類によらず、どのカードでも同じチャージ方法で対応することが可能です。

オススメはやはり、クレジットカード・デビットカード登録ですね。この方法でポイント2重取りをするのがKyashをお得に使うためのコツとなっているからです。

Kyashの決済上限と還元対象上限

決済上限についても、保有するカードで変わってきます。

Kyash CardKyash Card Lite
(旧リアルカード)
Kyash Card Virtual
(旧バーチャルカード)
決済上限30万円/回
100万円/月
5万円/回
12万円/月
3万円/回
12万円/月
還元対象上限12万円まで12万円まで12万円まで

月の利用金額が12万円を超える場合は、Kyash Cardを選択しましょう。

注意

ポイントが加算されるのは12万円までとなっています。

MEMO

Kyashは他にも、チャージ上限や送金上限などがあります。

Kyash】上限金額まとめ【決済・チャージ・ポイント還元・送金・有効期限と限度額】

Kyashの国内利用/海外利用

Kyashは、カードによって利用できる場面が変わってきます。

Kyash CardKyash Card Lite
(旧リアルカード)
Kyash Card Virtual
(旧バーチャルカード)
国内利用オンライン決済のみ
海外利用オンライン決済のみオンライン決済のみ

国内のみでの利用を考えている方は特に問題ありませんが、海外での利用を考えている場合は注意しましょう。

Kyashの発行手数料と年会費

Kyashの年会費は全て無料ですが、発行手数料が変わってきます。

Kyash CardKyash Card Lite
(旧リアルカード)
Kyash Card Virtual
(旧バーチャルカード)
発行手数料900円300円無料
年会費無料無料無料

Kyash Cardの還元率は1%のため、9万円分の買い物をすれば元が取れます。

Kyash Card Liteの場合は、還元率0.5%のため、6万円。

Kyashをメインで利用していれば1ヶ月で元が取れてしまいます。

注意

Kyash Card Lite(旧リアルカード)については、支払い総額が100万円を超えた場合、カードを再発行する必要があります。

再発行手数料:300円

参考:リアルカード(Kyash Card Lite)利用上限の100万円を超える際のお手続き

KyashのVisaタッチ決済

KyashのVisaタッチ決済はリニューアル後に追加された機能です。

Kyash CardKyash Card Lite
(旧リアルカード)
Kyash Card Virtual
(旧バーチャルカード)
Visaタッチ
決済

今まではレジでの支払い時にカードを読みとってもらう必要がありましたが、Visaタッチ決済が導入されたことで楽に支払うことが可能になりました。

Visaタッチ決済とは?

レジにあるリーダーに非接触対応のVisaカードをタッチするだけで、スピーディーに支払いができるサービスです。

Visaタッチ決済対応マークがあるVisa加盟店で利用することができます。

Visaタッチ決済

Visaのタッチ決済(非接触決済) | Visa

Kyashを使うメリット・デメリット

「Kyashもただのプリペイドカードでしょ?」

「わざわざKyashを使う必要なくない?だって、クレジットカードで支払えば同じじゃん。」

よくある疑問としては、上記ですね。

いえいえ、実はKyashを使うことで大きなメリットがあるんです。それは以下の3点。

  • 最大1%の還元がある
  • クレジットカード紐づけることでポイント2重取りができる
  • 残高にチャージしなくても決済ができる

ただし、もちろんデメリットも存在しているので、自分に合っているかしっかりと見極めましょう!

MEMO

Kyashのメリットとデメリットに関しては、「Kyashのメリット・デメリットで解説しています。

Kyashに登録できるクレジットカード

次に、Kyashに登録できるクレジットカードを紹介します。

Kyashでチャージする際に、クレジットカードを登録することでポイント2重取りが可能になります。そのため、クレジットカードを登録することはKyashを使っていく上で重要なポイントとなってきます。

Kyashにクレジットカードを登録する際は、ブランドに注意が必要です。Kyashに登録できるカードブランドは以下の2つ。

  • VISA
  • Mastercard

それ以外のブランドは登録することができません。

還元率の高い主要なクレジットカードがKyashに登録できるか、まとめてみました。

カードKyash登録
リクルートカード
三井住友カード
JALカード
ヤフーカード
楽天カード
JCB CARD W不可
REXカード
エポスカード
オリコカード
dカード(ゴールド)
イオンカード

VISAとMastercardに対応してるため、大体のカードには対応しています。ただし、上記のカードであっても「JCB」や「アメックス」などでカードを作ってしまった場合は登録不可となりますので、注意してくださいね。

Kyashポイントとは?

Kyashでは、利用時の還元は「Kyashポイント」として付与されます。

Kyashポイントは、1ポイント=1円でKyash残高へ変換することができます

Kyashポイント付与と変換方法

保有しているKyashポイントはKyashアプリにて確認することができます。

Kyash_ポイント

ポイントを利用する際は、ポイントからKyash残高へ変換する必要があります。

上記ポイント欄をタップすると、変換画面に移動できるので、ここで変換するポイントを入力すればOKです。

Kyash_ポイント

Kyashポイントの有効期限

Kyashポイントの有効期限は、最終購入日から180日です。

つまり、Kyashでの買い物を続けていれば特に有効期限を心配する必要はありません。

また、KyashポイントをKyash残高へ交換すれば有効期限は無期限となります。

Kyashポイントを貯めておく必要はないので、定期的にKyash残高へ変換していきましょう!

Kyashの3Dセキュア対応

クレジットカードでは3Dセキュアに対応しているカードが増えてきています。サービスの中には、3Dセキュアに対応していないとカードを登録できないものもありますよね。

Kyashに関しては、3Dセキュアに対応していません。

そのため、3Dセキュアが必要なサービスには登録できない・登録できても制限があるということになります。

MEMO

Kyashの3Dセキュア対応に関しては「【Kyash】3Dセキュアの対応状況【結論:非対応】」で解説しています。

Kyashとスマホ決済はどちらがお得?

Kyashを検討している方の中には、スマホ決済を使っているという人もいるかと思います。恐らく、気になっているのが還元率の部分。

そこで、各スマホ決済とKyashの還元率を比較してみました。

決済方法還元率
Kyash最大1% + クレジットカードの還元
Paypay最大2%(通常還元率:0.5%〜1%)
LINEpay最大3%(通常還元率:0%)
メルペイなし
楽天ペイなし
d払い最大7%(通常還元率:0%)

ぱっと見、PaypayやLINEpay、d払いは還元率が高いように感じますよね。しかし、特定の条件を満たさないと、還元率が上昇しないことが注意点です。

Kyashの場合は、カードを使って支払いを行うだけでポイント還元の対象となるため、ハードルが低いのが特徴ですね。

なので、特定の条件を満たすことに自身のある方は、スマホ決済サービスを利用しても良いかもしれません。

MEMO

スマホ決済の還元条件は「Kyash】改悪により還元率が下落・・・それでもKyashは利用する価値あり! 」で解説しています。

Kyashを発行する手順

「Kyashを発行したいけど、手順は難しい?」

作りたいけど、面倒臭くて・・・という方でも大丈夫です。Kyashの登録に関しては1分で登録することができるのも魅力の1つ。

Kyashの申し込み方法

Kyashの登録に関しては、アプリ上で行います。

  • メールアドレス
  • 携帯電話番号

のみの登録ですぐに使うことができます。

Kyash(キャッシュ) - 誰でも作れるVisaカード

Kyash(キャッシュ) – 誰でも作れるVisaカード

Kyash無料posted withアプリーチ

 

Kyash Card/Kyash Card Liteを申請する場合

Kyash CardやKyash Card Liteを申請する場合は、上記に加えて別途申請が必要となります。

①Kyashアプリトップ画面の右上にあるマークをタップ

Kyash_申請

②「Kyash Card」または「Kyash Card Lite」の発行申し込みをタップ

Kyash_申請

③Kyash Cardの場合は色を選択します。

Kyash_申請

④所定の手続きにしたがって、必要な情報を入力すれば申し込み完了です。

Kyash_申請

注意

Kyash Card/Kyash Card Lite発行時には発行手数料分の残高が必要です。

本人確認に必要な書類

本人確認に必要な書類に関しては、以下2点必要になってきます。

<1点目にご提出いただける本人確認書類>

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • パスポート
  • 写真付き住民基本台帳カード
  • 運転経歴証明書
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

<2点目にご提出いただける本人確認書類>

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • パスポート
  • 写真付き住民基本台帳カード
  • 運転経歴証明書
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 各種健康保険証
  • (国民健康保険/健康保険/船員保険/自衛官診療証/健康保険日雇特例被保険/健康保険特例退職被保険/介護保険/後期高齢者医療保険)

ご提出例)

  • 1点目: 運転免許証 + 2点目: パスポート
  • 1点目: パスポート + 2点目: 各種健康保険証

引用:本人確認にご利用いただける書類について – Kyash HELP

Kyash Card/Kyash Card Liteはいつ届く?

Kyash Card、Kyash Card Liteを申し込んだ場合は、郵送でカードが送られてきます。

カードのお申し込み完了から 10 営業日程度でお届けいたします
(お住まいの地域にもよりますが、郵便局より発送されてから 1 – 2日 程度でお届けいたします)

引用:カード申し込み時の注意事項 – Kyash HELP

郵送される期間は、おおよそ10日前後。込み入った時期などはさらに時間がかかる可能性もあります。

Kyashを解約する手順

「Kyashを発行したのはいいけど、解約は簡単にできるもの?」

そんな疑問をお持ちの方もいると思いますので、解約する手順についても合わせて解説していきます。

解約をする前に、以下2点を確認します。

  • チャージ用の登録カード(クレジットカード・デビッドカード)が全て削除されている
  • Kyashの残高が0円となっている。

上記が完了したのちに、解約手続きを進めましょう。基本的に、残高が0円になっていないと解約することができません。残高を放棄する場合は、「残高放棄」の旨を解約時に記載する必要があります。

それでは、解約手順を紹介していきますね。

①Kyashアプリのトップ画面から「アカウント」をタップ

kyash_退会

②「お問い合わせ」をタップ

kyash_退会

③お問い合わせの種別から「退会」を選択し、本文を記載します。

解約時は、本文に以下を記載する必要があります。

  • アカウントに登録している電話番号
  • アカウントの登録名

kyash_退会

これで、画面下方にある送信を押せば作業完了。あとは、Kyash運営側からの返答待ちです。

参考:退会方法 – Kyash HELP

Kyashの問い合わせ先

何か困ったことや質問が合った際に、Kyashへ問い合わせをしたい場合があります。

Kyashでは基本的に電話対応はしていません。全て問い合わせフォームでの連絡となります。

リクエストを送信 – Kyash HELP

不正利用の発覚時など、緊急性を要する場合でも電話は受け付けていないようです。そこは対応してもらいたいものですが。。。

Kyashが使える店舗

Kyashが使える店舗に関しては、VISAブランドに依存します。

つまり、VISAカードを使える店舗であればほぼほぼOKです。

ただし、注意点があります。

ガソリンスタンド等一部では使えない場合があります。

  • 毎月の継続的なお支払いや、自動更新手続き(契約)が発生する加盟店
  • 一部の月額/継続契約の利用料金のお支払い
  • ガソリンスタンドでのお支払い
  • 高速道路通行料金でのお支払い
  • 航空会社、航空券予約、購入
  • ホテル(ホテル内の店舗)でのお支払い
  • レンタカーのご利用料金のお支払い
  • 各種プリペイド・電子マネーの購入・チャージ代金のお支払い
    nanacoクレジットチャージ/楽天Edy/Vプリカ などへのチャージ
  • 公共料金/電話料金/衛星放送・CATV視聴料/インターネットプロバイダー利用料/新聞購読料(電子版含む)/保険料/レンタルサーバ/ウォーターサーバー/通信教育/各種月会費など

引用:リアルカードご利用時の注意事項 – Kyash HELP

これは、Kyashがプリペイド式のためです。

Kyashで購入できないもの

Kyashでは一部、購入できない商品があります。というよりも、クレジットカードで支払えないものは基本的に不可となります。

セブンイレブンを例にとると、以下商品がクレジットカードでの購入不可と記されています。

「クレジットカード」で支払いできないもの

  • インターネット代金収納(セブンネットショッピング、西武そごうのeデパート、アカチャンホンポネット通販、ロフト、イトーヨーカドー、タワーレコード、ニッセン除く)
  • 公共料金等の収納代行
  • マルチコピー機でのサービス(一部チケット除く)
  • 切手・印紙・ハガキ・年賀ハガキ
  • クオ・カード
  • テレホンカード
  • プリペイドカード
  • プリペイド携帯カード
  • ビール券・酒クーポン券
  • 地区指定ゴミ袋・ゴミ処理券
  • 他金券等に準ずるもの
  • nanacoカード発行手数料
  • 各種電子マネーへの現金チャージ

引用:クレジットカード、ブランドプリペイド、ブランドデビット、auWALLET|セブン‐イレブン~近くて便利~

ポイント還元につられて、意外と見落としがちですが、ここは要注意ですね!

Kyashでポイント還元対象外となる取引

Kyashでは以下のような取引に関して、ポイント還元対象外になるという内容がHPに記載してあります。

ギフト券などで利用できれば、さらにお得になるかと思いきや、還元対象外となるので、注意しましょう!

  • 売上未確定のままのお取引
  • 交通機関へのお支払い(定期券、乗車券、切符、回数券、特急券などの料金)
  • 鉄道、バス、モノレール、ケーブルカーなど
  • モバイルSuicaアプリでの購入、チャージ
  • Google Pay経由によるモバイルSuicaアプリでの購入、チャージ
  • 税金のお支払い
  • ふるさと納税、税金各種
  • 公共料金のお支払い
  • 寄付金のお支払い
  • 金券、商品券や有価証券等の現金同等物の購入
  • また金券、商品券や有価証券等の現金同等物を販売しているサイトでの購入
  • 郵便局でのお支払い(実店舗・オンライン)
  • 造幣局の販売サイトでのお支払い
  • 代金未回収が発生しているお取引
  • 本人または第三者による不正利用と弊社が判断したお取引

引用:Kyashポイントについて – Kyash HELP

まとめ

今回は「Kyashとは?」について解説しました。

ポイントは以下となっています。

◆Kyashはプリペイド型のVISAカード

◆Kyashの還元率は最大1%

◆Kyashには以下の3種類がある

  • Kyash Card
  • Kyash Card Lite(旧リアルカード)
  • Kyash Card Virtual(旧バーチャルカード)

◆使える店舗、購入商品、ポイント対象外商品には注意が必要

Kyashは利用するだけでポイントが還元される、めちゃくちゃお得なサービスです。

店舗利用時は、リアルカードを提示する必要があるのでスマホ決済と比べると手間になりますが、ポイントが還元されると思えば苦じゃないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です