はてなブログから移行しました(2020/1/1)

【メルペイ】Amazonでの買い物は不可!【モバイルSuica経由ならOK】

f:id:tanakayuuki0104:20190908051725p:plain

「メルペイを使って、Amazonで買い物はできる?」

 

普段メルペイを使っている方であれば、Amazonで買い物ができたら便利ですよね。

 

今回は、「メルペイをAmazonで利用できるのか」についてまとめてみました。

 

結論を言ってしまうと、

メルペイを使ってAmazonで買い物はできません。ただし、モバイルSuicaを経由させると間接的に買い物ができます。

  

それでは、詳細を解説していきますね。

メルペイを使ってAmazonでは買い物はできない!

まずは結論となりますが、

メルペイでは、Amazonで買い物ができません。

 

メルペイは以下2種類の支払い方法があります。

  • コード払い
  • iD払い

f:id:tanakayuuki0104:20190905053315p:plain

 

「コード払い」は、店頭のみで利用できる支払い方法なので、そもそも対象外。

できる可能性があるとすると「iD払い」です。

 

一方、Amaoznでは電子マネーのiDで支払うことが可能になっています。

f:id:tanakayuuki0104:20190907054820j:plain

 

しかし残念ながら、この「iD払い」はメルペイ非対応です。

その理由について解説していきます。

 

アマゾンでiD払いをする際は、「iDアプリを登録」する必用がある

アマゾンでiD払いを行う場合、スマホへ「iDアプリ」の登録が必用になってきます。

そして、そのiDアプリを経由して支払いを行います。

f:id:tanakayuuki0104:20190907060121p:plain

 

iDアプリの場合、直接クレジットカードを登録して支払いを行うシステムなので、

メルペイのiD払いとは全くひも付きません。 

 

f:id:tanakayuuki0104:20190907060627p:plain

 

そのため、メルペイを利用してアマゾンでの買い物は不可となっているのです。 

 

 

 

Amazonの支払い方法を「コンビニ支払い」にしても不可 

「Web上で支払えないなら、支払い方法を”コンビニ支払い”にして、コンビニで決済すれば?だって、コンビニならiD払いは使えるはずじゃん。」

 

こんな疑問を持つ方もいるかと思います。

 

しかし、残念ながら、

Amazonの支払い方法を「コンビニ支払い」にしても、メルペイで支払うことは不可となります。

 

公式情報ですが、AmazonのWebページに以下の記載がありました。

電子マネーでのお支払い

以下の電子マネーが利用可能です。

  • 楽天Edy(Edyカード、Edyアプリ利用おサイフケータイに対応)
  • Suica(Suicaインターネットサービス、モバイルSuicaに対応)
  • iD(FeliCa搭載のおサイフケータイからのお支払いのみ対応)
  • JCB PREMO 

注:

  • 複数の電子マネーを組み合わせて支払ったり、他の支払い方法を併用して支払ったりすることはできませんのでご了承ください。
  • コンビニ店舗では、電子マネーでのお支払いはご利用いただけません。
  • いずれの電子マネーも、ご利用前に利用者情報の登録・チャージ等が必要になります。詳しくは各事業者のウェブサイトからご確認ください。  

引用:Amazon.co.jp ヘルプ: コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いについて

コンビニ店舗では、電子マネー支払いができないことが明記されています。 

 

そうなんです。

コンビニ支払いにしたとしても、メルペイで支払うことは結局できません。

 

 

モバイルSuicaを利用すれば、メルペイでも支払いOK

メルペイでどうしても支払いたい場合、

モバイルSuicaを経由することで、支払いは可能です。

 

図式としては、以下のようになります。

f:id:tanakayuuki0104:20190907062640p:plain

もともと、モバイルSuicaはアマゾンの支払いに対応しています。

f:id:tanakayuuki0104:20190907062822j:plain

 

メルペイのiD払いを利用すれば、モバイルSuicaへチャージできる方法があるので、

間接的ではありますが、アマゾンの支払いができるわけです。

 

このような形で、しっかりと支払いをすることができました!

f:id:tanakayuuki0104:20190908043527j:plain

 

 

注意点1:メルペイのチャージだけでは、キャンペーン対象外の可能性が高い

メルペイでは、50%還元などの大規模キャンペーンをちょくちょくやっているのですが、Suicaへのチャージの場合、適用外になる可能性が非常に高いです。

 

 

チャージで還元は神。さすがに無理ですね・・・。

 

注意点2:電子マネーでは購入できないものがある 

電子マネーで購入する場合、注意点があります。

それは、支払い対象外の商品があることです。

 

特に「お急ぎ便、お届け日時指定便」では利用不可となっているのがモドカシイです。

また、Amazonギフト券もチャージタイプ以外は購入できません。

 

コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いをご利用いただけない商品があります。

お支払い方法選択画面でコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いを選択できない場合、コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いはご利用できません。以下は一例です。選択できる別のお支払い方法をご利用ください。

  • 一部のAmazonマーケットプレイスの出品者が販売・発送する商品
  • お急ぎ便、お届け日時指定便でのご注文
  • Amazon定期おトク便のご注文の場合
  • Amazonフレッシュのご注文
  • 支払い方法に制限を設けている商品
  • Amazonギフト券(Eメールタイプ、印刷タイプ、配送タイプ)
  • Amazonコイン
  • Amazonデバイス
  • デジタルコンテンツ(Kindle本、デジタルミュージック、Androidアプリ、アプリ内課金アイテム、Prime Video、ゲーム&PCソフトダウンロード)
  • 合計金額が500,001円以上のご注文
  • 腕時計ストアの高額商品

    クレジットカードをご利用ください。詳しくはこちらをご確認ください。

 引用:Amazon.co.jp ヘルプ: コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いを利用できない場合

 

注意点3:Amazonギフト券の購入はチャージタイプのみ

上記でも簡単に説明しましたが、モバイルSuicaでの支払いの場合は電子マネーの扱いとなるため、Amazonギフト券の購入にも制限が発生します。

 

Amazonギフト券は、以下の4種類が存在します。

  • チャージタイプ
  • 印刷タイプ
  • Eメールタイプ
  • 配送タイプ

モバイルSuicaでの支払いに対応しているのは、チャージタイプのみとなります。

 

①チャージタイプの場合

f:id:tanakayuuki0104:20191219061244j:plain

f:id:tanakayuuki0104:20191219061251j:plain

コンビニ支払いが選択できます。

 

②印刷タイプの場合

f:id:tanakayuuki0104:20191219061304j:plain

f:id:tanakayuuki0104:20191219061312j:plain

コンビニ支払いは選択できません。

 

③Eメールタイプの場合

f:id:tanakayuuki0104:20191219061321j:plain

f:id:tanakayuuki0104:20191219061327j:plain

コンビニ支払いは選択できません。

 

④配送タイプの場合

f:id:tanakayuuki0104:20191219062008j:plain

 

f:id:tanakayuuki0104:20191219062001j:plain

コンビニ支払いは選択できません。

配送タイプなので、代引きは利用できるようです。

 

Amazonで支払いができるスマホ決済はある?

では、「Amazonでの支払いに対応しているスマホ決済」はあるのでしょうか?

 

・・・あります。

LINE payであれば、Amazonでの支払いに利用することが可能です。

f:id:tanakayuuki0104:20190908045403p:plain

 

ただし、LINE payも基本はバーコード/QRコード決済のサービスです。

アマゾンで利用したい場合は、下準備が必用になります。

 

LINE payでアマゾン支払いするために必用なもの

LINEpayでアマゾン支払いをするためには、

LINEpayカード(プラスチックカード or バーチャルカード)が必用です。

 

LINEpayカードとは?

LINEpayカード(プラスチックカード or バーチャルカード)は、LINEpayをJCBのプリペイドカードとして扱えるようになるサービスです。

 

おおよそ、以下の認識でOKです。

  • プラスチックカード:現物のカード
  • バーチャルカード:ネット上のカード

通常のプリペイドカードと同様にカード番号が記載されており、JCBの加盟店3,300万店舗やオンラインショッピングでの利用が可能となります。

 

 

LINEpayカードを発行すれば、JCBプリペイドカードとして支払いが可能になるので、

LINEpay一本で完結することができるのです。

 

また、LINEpayカードであれば電子マネー扱いにはなりません。

先述した、「電子マネーでは購入できないもの」は適用されないので便利なのです!

 

 

まとめ

今回は、「メルペイを使ってAmazonで買い物ができるか」についてまとめてみました。

 

ポイントは以下となります。

◆メルペイを利用して、Amazonで買い物をするのは不可

◆Amazonでの支払い方法を「コンビニ支払い」にしても不可

◆「メルペイ ➡︎ モバイルSuica ➡︎ Amazon」といった形なら支払いができる

◆Amazonで利用できるスマホ決済は「LINE pay」 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です