イオンカードで最大20%キャッシュバックキャンペーン実施中【2020年5月10日まで】

【メルペイ】残高へチャージする方法 | 後払いならチャージいらずで利用可能!

「メルペイにチャージするにはどんな方法がある?」

「銀行口座がないけど、メルペイを利用したい!」

メルペイはメルカリが運営するスマホ決済アプリです。

今回は「メルペイ残高にチャージする方法」について解説します。

最初に結論ですが、

メルペイ残高にチャージするには「銀行口座の登録」あるいは「セブン銀行ATM」で可能です。

また、メルペイ後払い(スマート払い)を設定しておけば、銀行口座の登録やセブン銀行ATMを利用せずにメルペイを使うことができます。

それでは詳細を解説していきます。

メルペイにチャージする3つの方法

メルペイ残高にチャージする方法は以下の3種類あります。

  • 銀行口座からチャージ
  • セブン銀行ATMからチャージ
  • メルカリ売上金からポイント購入

銀行口座からチャージ

銀行口座からメルペイ残高をチャージする方法です。

メルペイを使う場合、基本的には銀行口座を登録して利用するのば一般的です。

それでは、銀行口座を登録してチャージするまでの手順を紹介していきます。

銀行口座を登録する手順

①メルペイのトップ画面から「メルペイ設定」をタップ

メルペイ_銀行口座登録

②「銀行口座」をタップ

メルペイ_銀行口座登録

③「新規口座の登録」をタップ

メルペイ_銀行口座登録

④「銀行口座を登録する」をタップ

メルペイ_銀行口座登録

⑤登録したい銀行を選択します

登録可能な銀行や信用金庫は次章で紹介します。

探すのが面倒臭い方は、上部にある検索窓から指定の銀行を入力するのが早いですよ。

メルペイ_銀行口座登録

⑥その後は、各銀行・信用金庫の案内に沿って手続きを進めれば完了です

  • 支店
  • 口座番号
  • キャッシュカードの暗証番号

上記3つが必要になるので、事前に準備しておきましょう!

銀行口座からメルペイ残高へチャージする手順

銀行口座を登録したら、次はメルペイ残高へチャージしてみましょう。

①メルペイのトップ画面から「チャージ(入金」を選択

f:id:tanakayuuki0104:20190916053527j:plain

②チャージ金額を入力して、「チャージする」を選択

f:id:tanakayuuki0104:20190916053447j:plain

③チャージ完了!

f:id:tanakayuuki0104:20190916053454j:plain

チャージ方法もいたって簡単。

あっという間にチャージが完了します。

注意
  • 1日のチャージ限度額:20万円
  • 最低チャージ金額:1000円/1回
  • チャージの際に手数料はかかりません
  • メルペイ残高が100万円以上ある場合は、追加でチャージはできません
MEMO

銀行口座を登録するメリットや対応銀行については、「【メルペイ】銀行口座を登録するメリットと「登録方法・対応銀行」を解説!」で解説しています。

セブン銀行ATMからチャージ

次の方法はセブン銀行ATMからチャージする方法です。

セブン銀行ATM

セブン銀行ATMに表示されるQRコードをメルペイアプリで読み込むことで、チャージできる仕組みとなっています。

①セブン銀行ATMの「スマートフォンでの取引」を選択し、QRコードを表示させます。

セブン銀行ATM_チャージ

セブン銀行ATM_チャージ

②メルペイアプリからQRコードリーダーを立ち上げます。

メルペイ_セブン銀行ATM_チャージ

メルペイ_セブン銀行ATM_チャージ

メルペイ_セブン銀行ATM_チャージ

③セブン銀行ATMに表示されているQRコードをメルペイアプリのコードリーダーで読み取り、表示される手順に従い、チャージ分の現金を投入します。

メルペイ_セブン銀行ATM_チャージ

④チャージ完了です。

注意
  • 手数料:無料
  • 最低チャージ額:1,000円
  • 1日のチャージ限度額:99,000円

メルカリ売上金からポイント購入

最後の方法は、メルカリ売上金からポイントを購入する方法です。

ただし、「支払い用銀行口座が登録済み」、または「本人確認が完了している」場合は、ポイントの購入はできません。

つまり、銀行口座からすでにチャージしている方であれば、こちらの方法は使えません。

こちらの手順もいたって簡単。

メルペイのトップ画面にある「ポイント購入」を選択、金額を入力すればチャージ完了です。

f:id:tanakayuuki0104:20190916055654j:plain

注意
  • 売上金以上のポイント購入は不可
  • 1ポイント=1円で購入可能
  • 1円分から購入可能
  • 有効期限は365日
  • ポイント購入の手数料はかかりません

銀行口座の登録に抵抗がある人やメルカリユーザーは、メルカリ売上金をポイントに変えて使うのが良いですね。

メルペイにチャージできない場合の原因

さて、ここからはメルペイにチャージできない場合の原因について少し触れておきます。

実際、「銀行口座を登録したけどメルペイにチャージができない」と言うケースがあります。

その場合、以下のような原因が考えられます。

もし当てはまる方がいれば確認してみて下さい。

銀行口座を登録したばかりでチャージしている

銀行口座を登録したばかりの場合、メルペイ残高がチャージできない場合があります。

  • 銀行:登録してから即日〜2営業日
  • 信用金庫:登録してから2営業日

チャージできるまでに必要な日数は以下に記載があります。

参考:https://www.mercari.com/jp/help_center/article/580/

チャージの上限金額に達してしまっている

1日のメルペイ残高にチャージする金額には上限があります。

チャージ上限、または最低チャージ金額を満たしているか確認しておきましょう。

  • 1日のチャージ(入金)限度額:¥20万
  • 最低チャージ(入金)金額:¥1,000/回

引用:https://www.mercari.com/jp/help_center/article/556/

銀行口座にチャージ分のお金がない

銀行口座にチャージ分のお金が入っていない場合はもちろんチャージはできません。

意外と見落としがちな部分ですが、確認しておきましょう。

メルペイ後払い(スマート払い)なら、チャージいらずで買い物できる

f:id:tanakayuuki0104:20190616062451p:plain

メルペイ後払い(スマート払い)は、メルペイ残高の利用なしに支払いができるシステムです。

簡単に言えば、クレジットカードで支払うような仕組みですね。

メルペイ後払い(スマート払い)で支払った金額は、翌月にまとめて清算をします。

この後払い(スマート払い)を利用することで、メルペイ残高へのチャージなしにメルペイを利用することができます。

後払い(スマート払い)のメリット・デメリットを踏まえ紹介していきます。

メルペイ後払い(スマート払い)のメリット

メリットは以下の2つです。

  • チャージが不要
  • 支払い方法が選べる

チャージが不要

メルペイ後払い(スマート払い)は、きほん残高という概念はありません。

自分が設定した上限金額に対して、その金額額分まで利用できるサービスです。

メルペイ_利用上限

設定できる上限金額はメルカリからの信用によって決まります。

後払い(スマート払い)などの清算を遅延なく行う、頻繁にメルペイを利用するなど信用を積み重ねていくことで、上限金額が上昇していくと言われています。

MEMO

メルペイ後払い(スマート払い)の上限金額については「【メルペイ】メルペイ後払い(スマート払い)の上限金額はいくら?」で解説しています。

支払い方法が選べる

メルペイ後払い(スマート払い)は利用した金額を、翌月に清算する仕組みです。

その清算方法は以下の3種類。

  • 残高払い
  • コンビニ/ATM払い
  • 口座振替(2020年3月より廃止)

f:id:tanakayuuki0104:20190916133717p:plain

銀行口座を持っていなくても、コンビニやATMで支払いをすることができるので、学生の方でも簡単に利用することができるんです。

メルペイ後払い(スマート払い)のデメリット

次はデメリットですが、以下の2つです。

上限金額が信用(メルカリの判断)によって決まる

メルペイ後払い(スマート払い)には上限金額が存在します。

上限金額とは、その月で利用できる最大金額のこと。

実はこの金額は、利用者によって異なるのが特徴です。

この金額は、利用者の信用によって上限値が変化すると言われています。

上限金額は、メルペイの「設定」から確認することができます。

 

f:id:tanakayuuki0104:20190903055736j:plain

ちなみに、私の上限金額は「10万円」でした。

つまり、10万円分の買い物で後払いを利用することができます。

f:id:tanakayuuki0104:20190903060350j:plain

先ほども記載しましたが、上限金額は「メルカリからの信頼」によって変わってきます。

「後払い」の支払い期限をすっぽかしてしまうなど、信頼を損ねることは絶対にしてはいけませんよ!

支払い方法によっては手数料が発生する

メルペイ後払い(スマート払い)の清算方法ですが、支払い方によっては手数料が発生します。

以下、支払い方法と手数料です。

  • 残高払い:手数料無料
  • コンビニ/ATM払い:手数料300円
  • 口座振替:手数料300円

残高払い以外は300円の手数料が発生してしまいます。

ベストなのは残高払いですが、事情によってはできない方もいるはず。

その場合は、少し費用が発生しますが、手数料のかかる支払い方法になってしまいます。

Suicaへもメルペイを使ってチャージできる

メルペイの裏技として、メルペイ残高をSuicaへチャージすることも可能です。

以下の条件を満たしている場合、チャージができますよ!

  • モバイルSuicaを使っている
  • Apple payを使っている

モバイルSuicaへは500円単位でしかチャージできませんが、不要な残高がある場合は使えるかもしれませんね。

MEMO

メルペイ残高をSuicaへチャージする詳細は「【メルペイ】残高を「Suica」へチャージする方法で解説しています。

まとめ

今回は、「メルペイのチャージ方法」について解説しました。

ポイントは以下となります。

◆メルペイでのチャージは以下の3通り

  • 銀行口座からチャージ
  • セブン銀行ATMからチャージ
  • メルカリ売上金からチャージ

◆メルペイ後払い(スマート払い)を利用すれば、チャージすることなしにメルペイを利用できる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です