イオンカードで最大20%キャッシュバックキャンペーン実施中【2020年5月10日まで】

【LINE pay】バーチャルカードって何?プラスチックカードとの違いは?

「LINEpayのバーチャルカードって何?」

「バーチャルカードを発行するのはどんな時?」

「LINEpayカードとは違うの?」

LINEpayは株式会社LINEが運営するキャッシュレス決済サービスです。

今回は、LINEpayのバーチャルカードについてまとめてみました。

バーチャルカードは、

「LINEpayをオンラインショッピングで利用するためのサービス」です。

通常のコード支払いでは、実店舗の利用のみ対応となっています。

ですが、このバーチャルカードを発行することで、仮想的なプリペイドカードとしてLINEpayがオンラインショッピングで利用できる仕組みとなっているのです。

LINEpayバーチャルカードとは?

LINEpayバーチャルカードを一言で表すと、

「LINE Payが発行するJCBブランドのオンライン専用プリペイドカード」

です。
LINEpayの「コード支払い」では店舗限定の利用となってしまっていましたが、この「バーチャルカード」を発行することで、実店舗以外のオンラインショッピングでも利用することが可能となります。
基本的には「LINEpay残高にチャージされた金額の分まで、ショッピングで利用することができる」カードです。
また、コード支払いと同様にポイントが付加されます。
還元率に関しては、自分のマイカラーによって変わってきますので、詳細はマイカラー制度をご確認ください。

f:id:tanakayuuki0104:20190728070702p:plain

引用:LINE Pay
関連記事:

バーチャルカードを作るメリットは?

バーチャルカードを作るメリットとしては、以下3点が挙げられます。

  • LINEpayがオンラインショッピングで利用できる
  • クレジットカードを持っていなくても利用できる
  • お金を使い過ぎる心配がない

それぞれを解説していきます。

 LINEpayがオンラインショッピングで利用できる

バーチャルカードを発行することで、「オンラインショッピング」で利用することができます。

f:id:tanakayuuki0104:20190803163436p:plain

上記のようなカードが発行され、

  • カード番号
  • 利用期限
  • CVC(カード確認コード)

が記載されたものがLINEpay上で扱えるようになります。

このカードは通常のオンラインショッピング同様に、プリペイドカードとして利用することができます。

Amazonなどのショッピングサイトでも使うことができるので、現在利用しているクレジットカードよりもポイント還元率が高くなるようであれば、間違いなくお得になりますね!

クレジットカードを持っていなくても利用できる

クレジットカードとは違い、

  • 審査不要
  • 銀行口座の登録不要

のため、クレジットカードを保有していない方でも簡単に利用することができます。

LINEpayの場合、残高へのチャージはコンビニATMなど銀行口座以外でも可能になっているので、銀行口座の登録も不要で扱えるわけですね。

関連記事:

【LINE pay】5つのチャージ方法を紹介【クレジットカードは不可】

お金を使い過ぎない

LINEpayにチャージされた残高からの利用になるので、使いすぎるという心配がありません。

利用限度額が決まっていないと、「知らず知らずのうちに大金を使ってしまっていた」なんて場合もあるかと思います。

バーチャルカードでは必要な利用分のみのチャージで対応できるので、財布にも精神的にも優しいシステムになっています。

LINEpayカード(プラスチックカード)との違いは何?

f:id:tanakayuuki0104:20190803164134p:plain

「LINEpayって、プラスチックのカードも作れるんじゃなかったっけ?」
そうなんです!
LINEpayバーチャルカードについては、プラスチックカードとしても発行が可能になっています。
つまり、

LINEpayバーチャルカード = LINEpayカード(プラスチックカード)

として扱うことができます。
1点大きな違いとしては、
プラスチックカードの場合、JCB加盟店である実店舗で利用できるようになっています。

f:id:tanakayuuki0104:20190803060847p:plain

実店舗で利用できる以外は、機能は同じです。ですが、LINEpayコード支払いが対応していないJCB加盟店で利用できるのは大きなメリット。プラスチックカードも発行して損はありません。

補足

バーチャルカードとLINEpayカード(プラスチックカード)は、「カード番号・セキュリティコード・有効期限」は全て同じです。
LINEPayカード(プラスチックカード)を再発行すると、バーチャルカードの情報も同時に変更になります。
またバーチャルカード発行後、LINEPayカード(プラスチックカード)を申し込んだ場合、バーチャルカードと同じ情報のカードが発行されます。

バーチャルカードはどうやって使えばいいの?

バーチャルカードは、インターネット上のJCB加盟店でのみご利用可能になっています。
利用手順は、以下となっています。
操作手順
①LINE Payメインメニューのカード番号を選択 

f:id:tanakayuuki0104:20190803054231p:plain

②表示されるクレジットカード番号、CVC、有効期限などをウェブサイトに入力する

f:id:tanakayuuki0104:20190803054225p:plain

このように、通常のクレジットカードやプリペイドカードなどと同様に利用することができます。

バーチャルカードの申込むには?

以下の方法で、バーチャルカードの発行が可能となっています。

操作手順

①LINE Payメインメニューの「バーチャルカードをすぐに発行!」を選択
②「バーチャルカードを発行」を選択
③パスワードを入力し発行完了です。

バーチャールカードが発行できない場合

バーチャルカードを発行できない場合は以下の理由が考えられます。
バーチャルカードは、LINEアカウント1つにつき1枚のみ発行できます。
既にバーチャルカードを発行済みの場合、追加で発行することはできません。
また、一定期間内に複数回カード解約を繰り返した場合、発行を制限させていただく場合がございます。
 引用:LINE Pay
上記に該当する場合や、それ以外の場合でも、バーチャルカードを申込んでいないにも関わらず発行ができないときは、お問い合わせフォームを利用しましょう!

まとめ

今回はLINEバーチャルカードについてまとめてみました。

ポイントは以下です。

◆バーチャルカードは、「LINEpayをオンラインショッピングで利用できるシステム」

◆ポイントも「LINEpayのコード支払い」同様に付加される

◆LINEpayカード(現物カード)としても発行可能

他のキャッシュレス決済サービスとは異なり、オンラインショッピング専用のカードが発行できるのがLINEpayの大きな差別化ポイントとなっています。

Paypayでもそうなのですが、Amazonや楽天などオンラインショッピングでも使いたいという要望がありつつも、対応はしていませんし、これからするかもわかりません。

そういった点で考えると、LINEpayは一歩先行くキャッシュレスサービスなのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です