イオンカードで最大20%キャッシュバックキャンペーン実施中【2020年5月10日まで】

【楽天ペイ】利用時に必要な手数料まとめ【支払い・チャージ・送金・出金】

「楽天ペイを使うときに手数料ってかかるの?」

「どんなことに手数料がかかるのか気になる」

楽天ペイではチャージや送金・出金等、お金を移動したりすることが割とあります。

その際に、手数料が発生するかどうかは大事な部分です。

なぜなら、少しでもお金がかかるならやりたくないから。

今回は「楽天ペイで発生する手数料」について解説します。

結論ですが、

  • 支払い:無料
  • チャージ:無料
  • 送金:無料
  • 出金:出金額の10%

となります。

唯一、出金をする場合だけ手数料が発生します。

楽天ペイを使って「支払い」をする場合の手数料:無料

楽天ペイで支払いをする場合、手数料はかかりません。

楽天ペイで支払いを行う場合、以下2種類の支払い方法があります。

  • クレジットカード払い
  • 楽天キャッシュ払い

どの支払い方法に関しても、手数料は一切かかりません。

楽天キャッシュとは?

楽天ペイアプリで利用できる電子マネーのこと。

街のお店やネットなどでの買い物に利用することができます。

楽天キャッシュに「チャージする」場合の手数料:無料

楽天キャッシュにチャージする場合の手数料はかかりません。

楽天キャッシュにチャージする方法は以下3つ。

  1. クレジットカード(楽天カードのみ)
  2. 銀行口座(楽天銀行のみ)
  3. ラクマ売上金

上記全てにおいて、チャージする際の手数料は無料となっています。

そのため、チャージに関しては制限なく行うことが可能です。

楽天キャッシュを友達に「送金する」場合の手数料:無料

楽天ペイには残高を友達に送る機能があります。

お金を移動する行為になるので手数料が気になるところではありますが、楽天キャッシュを送金する場合の手数料はかかりません。

そのためいくらでもお金を送っても大丈夫です。

楽天キャッシュを「出金する」場合の手数料:出金額の10%

楽天ペイでは残高を出金して現金に変えることも可能です。

その際の手数料は、出金額に対して10%。

かなり大きな金額となっています。

MEMO

楽天キャッシュを出金するには「楽天キャッシュのプレミアム型」への移行が必要です。

他のスマホ決済サービスとの手数料比較

さて、ここからは他のスマホ決済サービスと手数料に関して比較をしてみます。

楽天ペイ単体の手数料は説明しましたが、それだけでは実際にお得なのかが判断できないためです。

スマホ決済 支払い チャージ 送金 出金
楽天ペイ 無料 無料 無料 出金額の10%
Paypay 無料 無料 無料 ジャパンネット銀行:0円
ジャパンネット銀行以外:100円
LINEpay 無料 無料 無料 220円
メルペイ 無料 無料 なし 200円
d払い 無料 無料 無料 みずほ銀行:110円
みずほ銀行以外:220円

実際に比較してみると、どのサービスも手数料に関しては大差がありません。

出金の場合だけ手数料が取られるようですね。

まとめ

今回は「楽天ペイを利用する際の手数料」について解説しました。

ポイントは以下となっています。

◆楽天ペイで支払いをする際の手数料:無料

◆楽天キャッシュにチャージする際の手数料:無料

◆楽天キャッシュを送金する際の手数料:無料

◆楽天キャッシュを出金する際の手数料:出金額の10%

楽天ペイは、楽天キャッシュを現金に変える場合を除けば、基本的に無料で利用できるスマホ決済サービスになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です