俺の独断と偏見を聞いてほしい

お得なキャシュレス情報をメインに発信するブログです。

【Apple pay】ポンタカードの登録・使用方法まとめ【Apple payを使っている人ならメリットだらけ!】

【スポンサーリンク】

スポンサーリンク

f:id:tanakayuuki0104:20191006062106p:plain

「ポンタカードがApple payに対応してるって本当?」

「Apple payに登録した方がいい?それともカードとして持っていた方がいい?」 

 

「ポンタカード」は主にローソン系列の店舗で利用できるポイントカードです。

このポンタカードですが、Apple payに対応しているのはご存知でしょうか?

 

今回は、「ポンタカードをApple payに登録方法や使い方」について解説していきます。

 

Apple payに登録しておけば、物理カードやアプリのバーコードを提示する必要がなくなるので、便利になること間違いなしですよ。

 

 

「ポンタカード」はApple payでも使えるようになった 

ポンタカードはApple payのWalletに追加することができるようになりました。

 

これはiPhoneでの支払い画面ですが、

Apple payへの登録が完了すると、このような表示になります。

f:id:tanakayuuki0104:20191005155350j:plain

 

ポンタカードをApple Walletに追加する"3つのメリット"

ポンタカードをiPhoneのApple Walletに追加することで、

  • ポンタカードのレジでの提示が必要なくなる
  • ポンタカードを持ち歩く必要がなくなる
  • ポンタポイントの確認が一目でわかる

というメリットがあります。 

 

詳細については後ほど説明しますが、

Apple Walletに追加することで、レジでのわざわざポンタカードを提示する必要がなくなります。

 

Apple payでの支払い時は、「iD」または「QUICPay」で支払うことになりますが、

その支払いと同時にポンタポイントが貯まるような仕組みになっています。

 

また、ポンタカードがApple Walletに追加されることで、

カードをわざわざ持ち歩く必要はなくなりますよね。

 

加えて、ポンタポイントもApple payの支払い画面から即座に確認できます。

f:id:tanakayuuki0104:20191005160135j:plain

 

ポンタカードをApple payに追加する"唯一のデメリット"

こんな物理カードを持ち歩かなくて済むというメリットだらけのように見えますが、

実は1つだけデメリットが存在しています。

 

それは、ローソンの店員がシステムを理解していない場合があり、支払い時にモタつく可能性があることです。

 

 

これは、あくまでも店員の理解不足によるものなので、

経験を積むことで改善していくはずですが、ちょっとヒドイですね。 

 

ポンタカードの登録方法

まず注意点ですが、Apple payにポンタカードを登録するためには、

iPhone7以上の端末が必要になってきます。

参考:Apple WalletにPontaカードを追加する|共通ポイント Ponta [ポンタ]

 

公式HPの”対応デバイス”には、

iPhone6以降のデバイスに対応しているという記載がありますが、

Apple payでの支払いの場合「Felica」が搭載されている必要があります。

そのため、iPhone7以降でないと利用できません。

f:id:tanakayuuki0104:20191006055208p:plain

Felica(非接触式ICカード技術)とは?

ソニーが開発した近距離無線通信規格(NFC)の1つです。

ざっくり言えば、本規格が搭載されている端末同士を近づけると、情報のやりとりができてしまいます。

有名どころでは、

  • Suica
  • nanaco
  • 楽天Edy

といった電子マネーでも利用されている、日本ではスタンダードな技術です。

 

 

登録方法は6ステップ

①ポンタカードのアプリをインストール

Pontaカード(公式)

Pontaカード(公式)

  • LOYALTY MARKETING, INC.
  • ライフスタイル
  • 無料

 

②アプリを立ち上げ、「既存のカード」または「新規発行」を選択

f:id:tanakayuuki0104:20191006051045j:plain

 

③ポンタWebへのログイン手続きを行う

f:id:tanakayuuki0104:20191006051247j:plain

 

④ログイン後、メイン画面にある「Apple Wallet」に追加を選択 

f:id:tanakayuuki0104:20191006051410j:plain

 

⑤「自動で選択」を選ぶ

「自動で選択」はiPhoneでの決済時に、”iD”や”QUICPay”で支払いを行うと、

自動的にポンタカードがひも付きポイントが貯まるシステムになっています。

ここは必ず「自動で選択」にチェックが入るようにしてください。

f:id:tanakayuuki0104:20191006051625j:plain

⑥登録完了!

これでPontaカードがiPhoneの支払い画面に選択できるようになっているはずです。

下記のような画面が表示されていれば無事登録は成功です。

f:id:tanakayuuki0104:20191005155350j:plain

 

Apple payを使ってポンタカードを提示する方法

ここではApple payを使って支払いをする具体的な方法について説明していきます。

支払いは以下の2ステップになります。

①「ポイントカードはお持ちですか?」と聞かれたら「Apple payで」と伝える

⬇︎

②iPhone登録されている"iD"または"QUICPay"で支払いを行う

これで支払いは完了になります。

 

「あれ・・・、ポンタカードは提示しないの?」

と思う方もいるかもしれませんが、不要なんです。

それがポンタカードをApple Walletに追加する最大のメリットになります。

 

では、2ステップの詳細を説明していきます。

①「ポイントカードはお持ちですか?」と聞かれたら「Apple payで」と伝える

f:id:tanakayuuki0104:20191006055527p:plain

支払い時 、「ポイントカードをお持ちですが?」と聞かれたら、

「Apple payで」と伝えましょう。

 

支払いは"iD"や"QUICPay"、"Suica"などの電子マネーで決済できますが、

必ず「Apple payで」支払う旨を伝える必要があります。

 

この手順を踏むことで、

「Apple payにポンタカードが追加されていること」を店員さんが理解します。

 

そのため「Apple payで」と伝えず、

「iDで」や「QUICPayで」と伝えてしまうとポンタカードにポイントが貯まらないので注意が必要です。

 

②iPhone登録されている「iD」または「QUICPay」で支払いを行う

f:id:tanakayuuki0104:20191006060253p:plain

「Apple payで」と伝えた後は「iD」や「QUICPay」といった決済方法で支払いを行いましょう。

店舗で対応している電子マネーであれば、どれでもOKです! 

 

「iD」や「QUICPay」を指定する必要はない

「Apple payで」と伝えただけでは、「iD」なのか「QUICPay」で支払いなのかわからないはずなので、そこを伝える必要があるのかとおもっていましたが、

「iD」や「QUICPay」といった電子マネーの指定は、必要ありません。

 

「Apple payで」と伝えれば、Apple Walletに登録されている電子マネーなら何でも支払いは行えるようです。

この部分が少し不安でしたが、全然大丈夫でした!

 

しっかりとポイントも付与されていました。

f:id:tanakayuuki0104:20191006164247j:plain

 

 

まとめ

今回は「Apple payにポンタカードを登録する方法や使い方」について解説しました。

 

ポイントは以下です。

◆Apple payでポンタカードを登録するには専用アプリのインストールが必要

◆支払いの際は「Apple payで」と伝える

◆ポンタカード(物理カードorApple Wallet)の提示は不要