俺の独断と偏見を聞いてほしい

仕事と育児の狭間でカキカキしているブログです。「働き方に対する思い」や「生活に役立つ情報」を中心に発信しています。

【車用】スマホホルダーは「マグネット式」一択だ!【便利でオシャレ】

f:id:tanakayuuki0104:20190526062712j:plain

今回は、車にスマホを固定する際のアイテム紹介です。

スマホを左右または上下のアームでロックするような「アーム式」を使っている人も多いかと思いますが、意外と固定するのが面倒臭かったりしませんか?

 

そんな時、「マグネット式」が非常に便利なのでご紹介します。

ワンタッチで固定できるので、手間が全くかからずものすごく便利なんです。

 

こんな人にオススメ

・どこにスマホを置くか迷っている人

・アーム式のスマホホルダーに固定するのが面倒な人

・見た目を気にする人

マグネット式スマホホルダーとは?

f:id:tanakayuuki0104:20190525053907p:plain

出典:https://www.amazon.co.jp


スマホを車に固定する際に使用するホルダーですが、色々と種類がありますよね?

その中でもオススメなのが「マグネット式」です。

 

マグネット式は、その名の通り磁石を利用した固定方法です。

スマホに磁石を貼り付け、ホルダー型の磁石にくっつけるという仕組み。

f:id:tanakayuuki0104:20190525054253p:plain

出典:https://www.amazon.co.jp

 

オススメな理由

 

スマホの取り外しがワンタッチで手軽

オススメ理由はこの1点につきます。

 

従来のスマホホルダーは、アームで固定するタイプ。

アームを開いて、固定するので煩わしさがありました。

 

しかし!このマグネット式であれば、そんなことを気にする必要はありません。

することは1つだけ、置くことだけです。

 

「カチッ」とくっつくときは意外と快感なんです。

 

アーム式と比較 メリット・デメリット

私も以前はアーム式を使用していました。

ですが、マグネット式を使用してからはもう戻れません。

  

メリット

 

メリット

マグネット式 ・固定が楽
・見た目がスッキリしてオシャレ

アーム式

・スマホの固定力が抜群

「固定が楽」というのが最大の魅力ですね。

見た目も非常にスッキリとしているものが多く、外観を損ねません。

 

デメリット

 

デメリット

マグネット式

・スマホが落ちるときがある

アーム式

・固定が面倒くさい
・見た目がゴツい
・カタカタ音がする時がある

デメリットは「スマホが落ちる時がある」点です。

原因は、マグネット同士の中心点がずれた状態で設置してしまうため。

注意して設置すれば大丈夫です。

 

設置方法は簡単?

f:id:tanakayuuki0104:20190525062638p:plain

出典:https://www.amazon.co.jp

設置方法はものすごく簡単です。

大まかな部品は以下の2つ。

 ①車両設置用マグネット

 ②スマホ貼り付け用マグネット

 

設置手順

まずは、①を両面テープで車両へ設置。

次に②をスマホの裏側に貼り付ければ準備は完了です。

 

注意点① 設置場所の事前検討必須

①と②ともに、設置場所については事前に仮置きして検討しておきましょう。

スマホを置いた時、車の部品に引っかかるなんてオチが発生します。

 

注意点② 凹凸面には設置不可

両面テープの場合は、凹凸面では粘着力が弱まりますので設置は不可です。

表面が平面で光沢のある場所が最適です。

 

私が買ったのはこれ

f:id:tanakayuuki0104:20190525055520j:plain

f:id:tanakayuuki0104:20190525061946p:plain

出典:https://www.amazon.co.jp
 

赤いリングラバーがオシャレなため、スマホが取り付けていない状態でもスタイリッシュです。

スマホ貼り付け用のマグネットは、「ラウンド型」、「スクエア型」の2種類が用意されています。スクエア型は大きなサイズで設計されているので、スマホのサイズに影響を受けにくいです。吸着力もバッチリで、通常走行、高速走行でも全く問題ありません。

また、外す時もスマホを少し傾ければ簡単に外れるので力は一切必要ありません。

直径も24mmと少し大きめに作られているため、その分設置面積も大きくなりホールド力は申し分ありません。

 

磁石はスマホに影響ある?

マグネット式で気になるのが、その名の通り「磁石」を使用していること。

そして、その磁石がスマホに影響を及ぼすか?ということです。

 

まず、メーカーの公式見解として影響はないと謳われていますし、

私自身iPhoneに磁石を貼り付けて2年以上経ちますが、一切影響はありませんでした。

ナビアプリも正常に動作しているので、磁石の影響はないといってもいいと思います。 

 

他にはどんなラインナップがあるの?

アマゾンでの評価が高いものを厳選してご紹介いたします。

 

KYOKA 車載ホルダー

f:id:tanakayuuki0104:20190526052936p:plain

特徴は金属調の高級感のあるデザインと、5色(シルバー、ゴールド、ブラック、レッド、ローズゴールド)のカラー展開です。車体の色、インパネの色やスマホの色に合わせて選べるので非常にオシャレです。また、価格は1,000円程度と入手性も非常に良好です。

 

Mpow 車載ホルダー

f:id:tanakayuuki0104:20190526054117p:plain

出典:https://www.amazon.co.jp

スタイリッシュなデザインが特徴です。重量300g以下のスマホであればホールド可能なので、十分な性能を持っています。保証期間も18ヶ月と長めに設定されており、万が一のときでも対応してもらえそうです。価格も1,000円程度と手頃です。

 

Humixx 車載ホルダー

f:id:tanakayuuki0104:20190526054646p:plain

出典:https://www.amazon.co.jp

こちらは、エアコン吹き出し口用のホルダーです。

粘着テープでの設置スペースがない場合や、よりスマートに取り付けたい場合に重宝します。粘着テープが剥がれてしまう心配がないため安心して使えますが、エアコンの吹き出し口がスマホで潰れてしまうのが難点。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

マグネット式は本当に楽チンなので、ぜひ試してみることをオススメします。

 価格も「アーム式」と比較して大差はありません。

 

スマホの脱着は、車を利用する人であればほぼ毎回行う作業になるので、より簡単なほうがストレスも軽減されますよ!