イオンカードで最大20%キャッシュバックキャンペーン実施中【2020年5月10日まで】

【Kyash】バーチャルカードとリアルカード違いを徹底解説【リアルカード一択です】

「Kyashのバーチャルカードとリアルカードの違いって何?」

「どっちを使えばいいの?」

Kyashは、2015年に設立された株式会社Kyashが運営する

「プリペイド式のVisaカード」です。

Kyashの大きな特徴としては、Kyashを通して支払いを行うだけで、キャッシュバックが行われるというお得なサービス。

今回はKyashの「バーチャルカードとリアルカードの違い」について、まとめてみました。

結論を言えば、

「リアルカードを使えばよろしい!」 です。

 それでは、詳しい違いを解説していきます。

Kyashのバーチャルカードとリアルカードの違いを徹底解説

バーチャルカードとリアルカードの違いがわかりやすいように、

以下の表にまとめてみました。

f:id:tanakayuuki0104:20191004050506p:plain

違いのポイントとしては、

  • 「還元率」の違い
  • 「利用できる店舗」の違い
  • 「利用限度額」の違い
  • 「発行日数」の違い

です。

それでは詳細を説明していきます。

還元率の違い

f:id:tanakayuuki0104:20191004052157p:plain

バーチャルカードとリアルカードでは還元率に違いがあります。

バーチャルカード:0.5%
リアルカード:1%

バーチャルカードの方が低めに設定されているので注意が必要です。

実際に使うなら、リアルカードの方がお得なのは間違いありませんね。

ちなみに、リアルカードを発行していれば、

ネットショッピングでも1%の還元が受けられます。

つまり、

  • リアルカードを発行していない:還元率0.5%
  • リアルカードを発行している:還元率1%

ネットショッピングであれば、バーチャルカードの使っている感覚になりますが、

リアルカードを発行していれば、リアルカード扱いでの支払いになります。

f:id:tanakayuuki0104:20191005050837p:plain

利用できる店舗の違い

f:id:tanakayuuki0104:20191004052216p:plain

バーチャルカードとリアルカードでは、利用できる店舗に違いがあります。

バーチャルカード:ネットショッピングのみ
リアルカード:実店舗とネットショッピング 両方OK

ネットショッピングで使えることは同じなのですが、

実店舗で使えるかどうかが大きな違いになります。

KyashはVISAブランドのプリペイド型カードなので、

コンビニ・スーパー・ドラッグストアなど幅広い店舗で使うことができるのです!

利用限度額の違い

f:id:tanakayuuki0104:20191004053334p:plain

バーチャルカードとリアルカードは、利用限度額についても違いがあります。

Kyashでは1回・1日・1ヶ月と、それぞれの利用上限が決まっています。

バーチャルカードはリアルカードと比較して、

利用限度額が少なく設定されています。

それでも、月の限度額は12万円と同じなので、

利用限度額でどちらを選ぶかというケースはなかなかなさそうです。

発行日数の違い

f:id:tanakayuuki0104:20191004052254p:plain

バーチャルカードとリアルカードでは、発行日数に違いもあります。

バーチャルカードはオンラインで申し込めば即座に利用することができます。

一方、リアルカードは発行までに1ヶ月程度の日数がかかります。

実際、私も発行していますが、

発行依頼をしてから手元にくるまでおおよそ1ヶ月はかかっていました。

Kyashのリアルカード申し込み状況にも依るかと思いますが、

リアルカードを検討している方は、この場で申し込んでしまいましょう!

リアルカード申し込みフォーム

そもそもバーチャルカードって何?

f:id:tanakayuuki0104:20191004054509j:plain

引用:Kyash (キャッシュ) – いつものカードがもっと便利に

バーチャルカードは「オンライン専用で使えるVISAプリペイドカード」です。

その名の通り、Kyashアプリ上で発行され、スマホの画面にカードが表示される仕組みになっています。

発行に必要なのは、以下のみ!

  • メールアドレス
  • 携帯電話番号
  • 時間:1分

めちゃくちゃお手軽に発行できるプリペイドカードがKyashなのです。

Kyashバーチャルカードの使い方は?

バーチャルカードを発行すると、

以下のような形でアプリにKyashカードが表示されます。

f:id:tanakayuuki0104:20191004060543j:plain

ここに記載の、

  • カード番号
  • セキュリティコード
  • 有効期限

をネットショップの支払い方法で入力することで、

簡単に使うことが可能です。

注意すべき点としては、残高が支払い分以上あることが必要です。

本カードはプリペイド式なので、事前に残高へのチャージが必要になってきます。

ただし、自動チャージ機能を設定しておけば、その必要はなくなるので、

自動チャージに設定することをオススメします。

バーチャルカードを使用するメリットは?

「バーチャルカード」は「リアルカード」と比較して、

明らかに利便性・お得度について劣っている印象があります。

では、バーチャルカードを使用するメリットはあるのでしょうか?

結論は、

バーチャルカードにメリットはありません。即座にリアルカードを発行しましょう! 

バーチャルカードとして優っているポイントとしては、

  • カードの発行に時間がかからない(即座に利用できる)
  • 手持ちの物理カードが増えない

といったところではないでしょうか。

ですが、

  • リアルカードを発行中のみ、バーチャルカードを使う
  • ネットショッピングでしか利用しないなら、物理カードは家に置いておく

という使い方をしてあげれば、何の問題もありません。

つまり、バーチャルカードはリアルカード発行までの繋ぎとしての役割がベストです。

まとめ

今回は「Kyashのバーチャルカードとリアルカードの違い」について解説しました。

ポイントは以下です。

◆リアルカードの方が、バーチャルカードよりも実用性に優れている

◆還元率にも違いがある

  •  リアルカードの還元率:1%
  •  バーチャルカードの還元率:0.5%

◆リアルカードを発行していれば、ネットショッピングで使っても還元率は1%になる

◆バーチャルカードは、リアルカード発行までの繋ぎとして使うのがベスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です