俺の独断と偏見を聞いてほしい

仕事と育児の狭間でカキカキしているブログです。「働き方に対する思い」や「生活に役立つ情報」を中心に発信しています。

【教育】「叱る」と「褒める」はどちらが大切か?【成長】

f:id:tanakayuuki0104:20190421053332j:plain
「叱ること」と「褒めること」、皆さんはどちらを重視していますか?

 

「叱ること」と「褒めること」には、それぞれメリットとデメリットが考えられますが、

私としては、「褒めること」が重要だと考えています。

 

では早速、その理由も含めて説明していきたいと思います。 

叱る効果とデメリット

f:id:tanakayuuki0104:20190421053352j:plain
叱ることによる効果は、

●叱られないように行動を見直す

ということが挙げられます。

いわゆる、恐怖による支配というところでしょうか。

 

動かない人間を無理やり動かすためには、この方法は有効だと思いますが、

デメリットはかなり大きいという印象です。

●やる気を失う
●自己肯定感が減る
●相手の信頼が落ちる
●恐怖心で行動するようになる

 

褒める効果とデメリット

f:id:tanakayuuki0104:20190421053401j:plain
次は褒める効果です。

●やる気が増える
●自己肯定感が増す
●相手の信頼が増す
●嬉しい

叱ることに比べて、メリットは多いです。

 

一方で、デメリットとしては・・・・

あまり思いつきませんでした。

 

子供や部下の教育に必要なのは?

私の結論は「褒める」ことです。

 

叱ることと褒めることのメリット・デメリットを考えれば一目瞭然です。

 

叱ることで行動を促すというのは負の遺産。

最近は、パワハラ規制も多く見かけるようになってきており、情勢が変わってきているのがわかるかと思います。

 

また叱ることは、自身のイライラなど不快な感情を抑えきれず、相手にぶつけているだけという場合があります。むしろ大体がそうじゃないでしょうか?だって、冷静に注意をするだけでいいわけですから。

 

叱ることが大切という考えは、「自分の感情を相手にぶつけてもいい」ということを正当化しているにすぎないと考えています。

 

アドラー心理学ではどちらもNG?

有名なアドラー心理学では、褒めること、叱ることもどちらもNGとしています。

理由としては、

  • 叱る:恐怖心を感じ、行動が萎縮されるため
  • 褒める:褒められなければやる気が出ず、行動しなくなるため

確かに内容としては正しいように思います。

 

ですが、私としては「褒めること」を推奨したいです。

 

なぜなら、「自分が好きなことなら、やる気がなくても勝手にやるから」です。

褒められなくては行動しないのであれば、それはやりたくないからです。

そんなことを無理やりやらせる必要があるのでしょうか?

 

まとめ

パワハラ禁止など、企業ではコンプライアンスが強くなっている印象があります。

私の会社でも、「叱る」だとか、「大声で怒鳴る」だとか、そういう人は非常に少なくなってきているという感じています。

逆に、そんな人は「やばい人」という印象を植えつけられかねません。

 

今はもう、そういう時代になってきているのです。

私は常に、時代が進んでいる方向が正しい方向だと考えています。

 

だからと言って、褒める文化がやってくるかといわれると、それはまだわかりません。

ですが、褒める力は絶大なものだと感じています。

 

お互いが褒めあえば、チームワークも上がりますし、仕事の質も大きく向上するのではと思います。また、子供の教育にしても、伸び伸びと学ぶことができ、大きな成長を見込むことができるのではないでしょうか。

 

もし「叱ること」を重視している人がいれば、相手のことを少しだけ褒めてみませんか?きっと、相手の変わりようにビックリすると思いますよ。

 

最後に

私のことも褒めてもらえれば、やる気がでます(*´ω`)