俺の独断と偏見を聞いてほしい

お得なキャシュレス情報をメインに発信するブログです。

【Apple Card】 Apple独自のクレジットカードとそのメリットとは?【日本での提供は未定】

【スポンサーリンク】

スポンサーリンク

 f:id:tanakayuuki0104:20190810053114j:plain

引用:Apple Card

「Appleがクレジットカードを発行する!? それってどんなカード?」

「Apple cardはどんなメリットがあるの?」

 

Appleが独自のクレジットカード「Apple card」を発行する準備を進めています。

今はアメリカを中心に発行段取りを進めているところですが、おそらく近いうちに日本へも上陸することになると思います。

 

今回は、渦中の「Apple card」に関して、

  • 一体どんなカードなのか?
  • それを持つことでどんなメリットがあるのか?

といった基本的な疑問についてまとめてみました。

 

Apple 好きな人であれば、喉から手がでるほど欲しい一品。

ぜひご覧ください。 

「Apple Card」ってどんなカード?

f:id:tanakayuuki0104:20190810053604p:plain

引用:Apple Card

「Apple Card」はAppleがゴールドマンサックスと提携して発行するクレジットカードです。

カードブランドはMastercard。

 

基本的にはiOSで提供されているApple payで利用できるサービスとなっていますが、

チタン製のクレジットカードも発行可能です。

 

チタン製というのがAppleらしいというか、高級感が出て最高にクールですね。これは欲しい。。。

 

チタン製カードであるメリットはない?

チタン製カードというのを初めて聞く方も多いのではないかと思います。

私ももちろん初めて聞きました (^ ^;)

 

チタン製であることのメリットを調べてみましたが、機能的なメリットは特にないようです。

強いて言えば、「壊れにくい」、「高級感を演出できる」という点のみでしょうか。

 

日本では「ラグジュアリーカード」と「アメリカン・エキスプレス」の2社のみが、金属製のクレジットカードを発行しています。

参考:日本で発行できる金属製クレジットカード!最高のステータス性をその手に!

 

どれも年会費50,000円以上と、庶民では手に入れるのが難しいみたいですね・・・

 

Apple cardを使うメリットは?

「Apple card」はまず以下が無料です。

  • 年会費
  • 国際手数料
  • 延滞金など

 

また、最大3%のキャッシュバックが発生します。

f:id:tanakayuuki0104:20190812060013p:plain

 

「Apple card」は基本的にApple payを利用することが前提となっています。

チタン製カードを発行することができますが、それはあくまでもApple payを利用できない店舗を補うためです。

 

そのため、Apple cardを利用すると最大3%のキャッシュバックを受けることができますが、Apple payを使っての支払いに限り高い還元率となっています。

 

また、「デイリーキャッシュ」と呼ばれる、上記の還元率で決済当日にキャッシュバックされる仕組みを導入しています。

 

いつから使えるようになる?

残念ながら、日本では未定となっています。

まずは今夏より米国で導入。

8月中にはすべての米国ユーザーが使えるように段取る予定となっています。

 

早く日本にも導入されて欲しいですね〜

 

利用できる店舗はどこ?

Apple cardでは以下の2通りの利用方法があります。

  • Apple pay
  • チタン製カード(物理カード)

そのため利用できる店舗に関しても、両者どちらを使うかによって変わってきます。

それぞれの支払い方法ごとに説明していきますね。

 

Apple payの場合 

Apple payでの支払いの場合、カードの種類によって「iD」か「Quicpay」に分かれるので、

「iD」 または 「Quicpay」が対応している店舗で使うことができます。

Apple cardを登録した際に上記どちらかに分類されるはずなのですが、どちらになるかは今のところ不明です。

 

チタン製カード(物理カード)の場合

カードブランドは「MasterCard」のため、

MasterCardが利用できる店舗で使うことができます。 

 

Apple cardの登録方法は?

現時点(2019年8月)で公開されている情報に基づくと、

以下のような手順で登録がされるようになっています。

f:id:tanakayuuki0104:20190811151944p:plain

①Appleから招待を受ける

    ⬇︎

②住所、誕生日、年収、社会保証番号末尾4桁を入力

    ⬇︎

③ゴールドマンサックス社にて審査(Apple曰く、一瞬で終わる)

    ⬇︎

④承認後、端末のApple WalletにApple cardが登録される

   + チタン製カードも無料でリクエストOK(郵送)

 

チタン製カードにはカード番号の記載がない

通常クレジットカードにはカード番号やセキュリティコードなどの情報が記載されていますが、Apple cardにはそういったものの記載はありません。

 

ではどうやって、iOS端末へ登録するか?

それは、「iOS端末に近づけることで簡単に登録・利用することができるようになります。 」

www.youtube.com

 

いちいち数字を入力する必要がないのは非常にスマートですよね!Appleのこういうところが好きです。 

 

まとめ

今回は、Apple cardについてまとめてみました。

 

ポイントは以下となっています。

◆Apple cardについて

  • Apple独自のクレジットカード
  • カードブランドは「MasterCard」
  • 2019年8月に米国で導入、日本は未定
  • Apple payで利用することが前提のカード
  • チタン製の物理カードも無料で作成可能

 

◆Apple cardのメリットについて

  • 還元率は最大3%
  • 使った当日にキャッシュバックされる「デイリーキャッシュバック」
  • 年会費・国際手数料・延滞金など無料

 

今回Appleが独自のクレジットカードを発行する狙いは、「iOSユーザーの囲い込み」や「Apple payの普及」にあるようです。 

クレジットカードやキャッシュレス決済がひしめきあう中で、Appleがクレジットカードを発行するということはそれ相応の勝算があるということ。

早く日本でも解禁になって欲しいですね!