俺の独断と偏見を聞いてほしい

お得なキャシュレス情報をメインに発信するブログです。

【Pay pay, メルペイ, LINE pay】セブンイレブンで20%還元合同キャンペーン開催!

【スポンサーリンク】

f:id:tanakayuuki0104:20190629161921p:plain

「最大で20%戻ってくる!キャンペーン」

 

Paypay株式会社と、メルペイ株式会社、そしてLINEpay株式会社が合同でキャンペーンを実施します!

2019年7月1日からセブンイレブンで3社のサービス提供開始にあたり、最大20%が還元される内容になっています。

対象の店舗は全国のセブンイレブン(20,965店)。

 

今回は、そのキャンペーンの詳細や、3社での支払い方法、還元率の違いなどをまとめてみました。

どんなキャンペーン?

f:id:tanakayuuki0104:20190629162211p:plain

開催期間:7/11(木) 0:00 〜 7/21(日) 23:59 

対象アプリ:「Paypay」、「メルペイ」、「LINEpay」の3つ

還元率:最大20%

還元額:期間付与上限  各社で1,000円

対象店舗:全国のセブンイレブン

 

 セブン(7月)イレブン(11日)から始まるキャンペーン。開催期間は11日間とセブンイレブンをめちゃくちゃ意識した日程間となっています。ユーザー側としては、わかりやすくて良いですね。

 

還元率20%で付与上限は1,000円なので、1つのアプリで5,000円分の買い物まで還元されますね!また還元については、各社で最大1,000円なので、合計最大3,000円が付与されます。

 

---------------------------------------------------------

追記(2019/7/12)

Paypayに関しては、開催期間が追加となりました。

7/22(月) 0:00 〜 7/31(木) 23:59

7/21までのキャンペーンとは同内容ですが、期間としては別枠として設けられています。そのため、

  • 7/11(木) 〜 7/21(日):最大1,000円キャッシュバック
  • 7/22(月) 〜 7/31(木):最大1,000円キャッシュバック

という形となります。

これは嬉しいですね! 

---------------------------------------------------------

 

Paypay、メルペイ、LINEpay 3社での違いは?

基本的には各社20%での還元となります。

ですが、支払い方法によって還元率が変わってきますので、それぞれ紹介していきます。

 

Paypayの場合

f:id:tanakayuuki0104:20190629160256p:plain

Paypay残高またはYahoo!マネーでの支払い ➡︎ 20%還元

Yahoo! JAPANカードでの支払い ➡︎ 19%還元

 

付与時期は、決済日の翌月20日頃となっています。

 

通常のキャンペーンとは異なり、クレジットカードでの支払いではキャンペーン対象外となるので、注意ですね。

 

メルペイの場合

f:id:tanakayuuki0104:20190428053610p:plain

バーコード決済または電子マネー(iD)での支払い ➡︎ 20%還元

 

付与時期は、決済日の翌日となっています。

 

メルペイの場合は、支払い方法による還元率の違いはありません。また、あと払い設定にしないと還元されないキャンペーンもありましたが、今回はどちらでも問題なさそうです。

 

LINEpayの場合

f:id:tanakayuuki0104:20190629160148j:plain

コード支払い ➡︎ 20%還元

 

付与時期は、支払い直後となっています。

 

第2弾もある?

すでに第2弾の予定も企画されています。

予定では8月12(月)〜となっており、お盆での長期休暇真っ只中のようです。

残念ながら、詳細な店舗や還元率、支払い方法に関しては、まだ公開されていません。

 

セブンイレブンでは7月1日より「スマホ決済5社」対応へ

セブンイレブンでは、以下5社のスマホ決済サービスが7月1日より解禁となります。

  • Paypay
  • メルペイ
  • LINEpay
  • Alipay(海外)
  • WeChat Pay(海外)  

 

また、それと同時に独自の決済サービス「セブンペイ」もスタート。

www.re-menn.com

 

合同キャンペーンはセブンイレブンが主催?

一見、「セブンペイ」に対抗するために3社が手を組んだ構造に見えますが、実はそうでもなさそうです。というのも、本企画自体はセブンイレブンが持ちかけたもの。

「LINE pay」「PayPay」「メルペイ」、握手の裏にいるセブン:日経ビジネス電子版

目的は、「スマホ決済に出遅れたセブンイレブンの挽回策」とされています。

 

ですが・・・私的見解では、これも疑わしいと思っています。

「セブンペイ」の導入と同時期での解禁とすることで、「セブンペイのシェアを少しでも増やすこと」や、そういった「独善的な動きに対する世間からの評価を緩和するため」、このようなキャンペーンを打ち立てたような気がしています。

コンビニ王者セブンイレブンの考えはきっと深いものだと思いますね・・・。

 

裏の事情はどうあれ、キャンペーン自体はお得なものなので、ぜひ限界まで使い尽くしましょう!