俺の独断と偏見を聞いてほしい

仕事と育児の狭間でカキカキしているブログです。「働き方に対する思い」や「生活に役立つ情報」を中心に発信しています。

【やられたら、やり返せ!】良い人ぶる必要はない理由

f:id:tanakayuuki0104:20190328234653j:plain
自分で言うのも何ですが、私は「良い人」でした。

 

ここで言う「良い人」とは、

「自分の不快な思いを外に出さないこと」です。

 

どういうことかと言うと、

イラっとすることがあっても、表情や言動には表さない。

自分の中だけで消化して、忘れてしまえるということです。

 

しかし、そんな「良い人」を続けてきた私ですが、

人生を生きていく中で、良い人ぶる必要はないことに気がつきました。

 

「良い人」である必要はあるか?

f:id:tanakayuuki0104:20190328234512p:plain
イライラすれば、人に当たりたくもなるし、言動が荒くなることもあります。

それでも自分の不快な思いを外に出さない理由は、

自分の表情や言動によって、相手に不快感を与えたくないからでした。

 

人に嫌われたくないという思いからかも知れませんが、

いつもニコニコし、穏やかなふりをしてきました。

 

別に普段はそれで構わないのですが、

「良い人」を捨てなければならない場合があります。

 

それは、

相手に何かをされ自分が不快感を感じた時です。

 

やられたら、やり返さなければならない理由

f:id:tanakayuuki0104:20190328234415j:plain
自分が不快に感じた時は、「良い人」を捨て、やり返さないといけません。

 

それは、

●相手に、自分が不快な思いだと言う事を分からせるため

●自分が不快な思いを感じたら抗戦することを、周知しておくため

 

相手に、自分が不快な思いだと言う事を分からせるため

自分が不快な思いであることを伝えないと、相手は理解しません。

むしろ調子に乗って、さらに繰り返してくる可能性があります。

 

表情に出す、行動に出す、言葉に出す。

何でも良いですが、しっかりと不快アピールをしましょう。

 

自分が不快な思いを感じたら抗戦することを、周知しておくため

人間は弱い生き物です。

少しでも安全圏に行きたいために、弱いと思う相手にはマウントをとってきます。

そして、やり返さない人間は、舐められます。

 

舐められないために、あなたが抗戦することをアピールしましょう。

 

まぁ、マウントを取らざるをえない人間は弱い人間なので、本当は相手にする必要はないのですがね。。。

  

まとめ

半沢直樹ではないですが、

「やられたら、やり返す」ってことですね。

 

相手にも、しっかりと分からせないといけません。

自分は苦しんでいるのに、相手は楽しんでいいわけがありませんよね?

存分に分からせてあげましょう!!

 

もちろん、優しくしてくれる人にはそんなことする必要はありませんよ。