俺の独断と偏見を聞いてほしい

仕事と育児の狭間でカキカキしているブログです。キャッシュレス決済を中心に役立つ情報を発信しています!

【あがり症の方必見?!】あがり症を克服する方法

f:id:tanakayuuki0104:20190325222457j:plain
あがり症ってつらいですよね 。

かくいう私は、昔「超」がつくほどのあがり症でした。

 

本を読んだり、ネットで検索したりと、治すための方法を色々と試してみましたが、

全て失敗。何をやっても、治りませんでした。

 

しかし、最近になりようやく緊張することが減ってきました。

では何をしたら改善してきたのか?

 

それは、

自分を気にしなくなったということでした。

 

「超」がつくほどのあがり症時代

f:id:tanakayuuki0104:20190325222041p:plain
私は、小さい頃から「超」が3つくらいついてもおかしくないくらいのあがり症患者でした。

人前で緊張することはもちろん当たり前ですが、

  • 見知らぬ人と話せない
  • 服屋で買い物ができない
  • 大会などで異様に緊張する
  • 教室で手をあげられない
  • 大勢の中で発言できない
  • 電話ができない
  • 自分から話しかけられない
  • 好きな女の子に話しかけられない

こんなものでは書き足りませんが、リアルに日常生活に支障が出るほどのものでした。

 

当時はそんな自分を変えたくて、あがり症を克服するための本をいくつか読んでは試していましたが、どれも上手くいかず。一時的には良くなった感じはありましたが、すぐに再発の連続でした。

結局、「超」がつくほどのあがり症を直すには至りませんでした。 

 

克服する方法は「自分を気にしないこと」

さて、そんな「超」あがり症だった自分ですが、

いつからか緊張することが減っていきました。

無意識的なものなので、具体的な対策をしていたわけではないのですが、

当時を振り返ってみると大きく変わっている部分がありました。

 

それは、

自分を気にしなくなったということ

 

あがり症って、つまるところ「自分を気にしすぎている」んですよね。

人前で話す時に緊張してしまう人は、こんな事を考えているんです。

  • みんなどんな印象を抱くだろうか?
  • 頭悪いとかアホとか思われないかな?
  • 嫌われないかな?
  • ちゃんと話せるかな?
  • 否定されないかな?

とにかく、思考のベクトルが全て自分に向いています。

 

その結果、ネガティブな妄想で思考が溢れ、緊張してしまうわけです。

 

余談ですが、緊張は一種の防衛本能です。

ネガティブな思考は、狩猟時代において生き残るために必須なものでした。

リスクがある場面では、緊張することで行動を抑制し、強制的にリスクを取らせないようにするわけです。

その防衛本能が過剰に働いてしまっているわけですね。

 

あがり症を克服する方法

さて、このあがり症を克服するためには「自分に向いているベクトル」を変えてあげる必要があります。

つまり、「自分」ではなく「他人や周りに」意識を向けるようにするわけです。

 

これはすぐにできるものではありません。

自分の無意識を変える必要があるからです。

日々、少しづつ少しづつ意識を変えていくことで、いづれ無意識の領域まで落としこめるようになります。

 

自分のことを考える時間を減らし、他の物事を考える時間を増やしていく。

その結果、意識のベクトル方向が変わり、人前にでても緊張しなくなっていくわけです。

 

まとめ

あがり症って、すぐに克服できるものではないと思います。

本とか見ると、すぐに効果がでるような記載がありますけど、あれは謳い文句ですよね。

 

何かを克服するには、それ相応の努力が必要となります。

少しだけ試して改善できるような簡単なものはないと思います。

 

もし、あなたがあがり症で苦しんでいるとしても、大丈夫です。

あがり症のヘビーユーザーだった私でも改善できたのですから。

一緒に頑張っていきましょう!