俺の独断と偏見を聞いてほしい

仕事と育児の狭間でカキカキしているブログです。「働き方に対する思い」や「生活に役立つ情報」を中心に発信しています。

会社役員が作るパワポを見て思ったこと

f:id:tanakayuuki0104:20190315202219p:plain

最近は決算の時期であり、

会社の経営陣は、売り上げや利益を算出し、結果を出そうと必死になっています。

 

経営陣は結果を求められます。

目標に対してどのくらい達成しているのか?

達成していないのなら、これからどうしていくのか?

 

大きな結果を求められるのは至極当然です。

まぁ、その分高い給料をもらっているわけですから。

 

さて今回は、そんな会社の経営陣が作成した「今期の事業内容をまとめたパワポ」を見て思ったことになります。

綺麗に情報が整理されたパワポ

f:id:tanakayuuki0104:20190315202344p:plain
まず思ったことは、非常に見やすいということ。

情報が整理されて、何を伝えたいのかが明確になっています。

 

重要な部分は数値で表現し、曖昧な表現は見受けられません。

また、表や図を駆使し、視覚的に訴えることで非常に理解しやすい作りとなっていました。

 

加えて、そのページ数なんと70ページ。

それだけの密な情報が70ページに渡り記載されています。

さすが、と唸ることがしかできませんでした。

濃密すぎて、読んでいて眠くなるレベルですね(- - zz)

まぁ、実際少し寝ましたが。 

 

そして、それ以上に思ったこと

f:id:tanakayuuki0104:20190315202516p:plain

作成にかかる時間

これだけの濃厚な資料を、70ページに渡り作る。

ご高齢の役員たちが。

 

そして私は思いました。

 

・・・この人たち、どれだけ時間かけて作ったんだろう?

 

この情報量とページ数を簡単に計算しても、

100時間くらいは余裕でかけている資料内容です。 

 

しかも、作っているのは高齢の方々。

パソコンを打つ作業や、パワポの機能をいじることだって、

若い人間に比べたら時間がかかることは間違いありません。

 

会社の役員が作るということであれば、

ヒラ社員が作るよりも時間単価が圧倒的にかかっているはずです。

 

  • ヒラ社員:年収500万
  • 役員:年収2000万

ざっくりと計算しても約4倍以上のコストになります。

 

この資料は資産になるのか?

これだけ時間をかけて作成した資料。

 

今期の事業内容をまとめた内容になっていますので、 

多分、数回程度しか使われません(^ ^;)

 

 

この資料が資産となり、お金を生み出すツールとなっていれば文句はありません。

損益分岐を達成するものであれば。

 

ですが、今回の資料はそんなわけありません。

 

 

この作成した時間を別のことに使えば、

もっと利益生み出せるんじゃないのかな?

 

まとめ

最終的に資産となるようなものを作っているのであればいいのですが、

「数回程度しか使われないものに時間をかけるのは無駄じゃないですか?」

というのが、今回言いたいことでした。

 

綺麗なパワポは見る人を魅了しますが、

仕事であれば、それをお金にしなければなりません。

 

パワポに時間をかけず、成果を出すことに注力したいですね。