俺の独断と偏見を聞いてほしい

仕事と育児の狭間でカキカキしているブログです。キャッシュレス決済を中心に役立つ情報を発信しています!

【コミュニーション】否定ではなく「共感」しよう

f:id:tanakayuuki0104:20190310202954j:plain
人と話をしていると、「この人、話しやすいな」って思う人いますよね?

 

話の内容を聞いていると、共感が非常に多いんです。

 

例えば、あなたがAさんと仕事の話をしているとして、

 あなた「この件ですが、〜〜といった具合に進めています」

と言ったときに、

 Aさん「いや、それはまずいよ。・・・すべきでしょ。」


 Aさん「なるほど。そういう形で進めているんだね。 

                ところで、ここは・・・したほうがいいかも知れないね。」

と返した場合、どちらの印象がいいでしょうか?

 

明らかに後者の「共感している方」ですよね?

 

共感は、とてつもないメリットを持っています。

共感1つで人生が変わるかも知れない、そんな可能性を秘めています。

共感するメリット

f:id:tanakayuuki0104:20190310202749p:plain


まずは、相手に共感するメリットになります。

  • 自分が話しやすくなる
  • 自分が安心感を覚える
  • 相手の話を聞いてあげたくなる
  • 相手に認められた感じがする
  • 相手を信頼してしまう

「 共感」は相手に対してプラスになる力を持っています。

話をしている時、相手から共感を受けると気持ちいいですよね?

そんな気分を、たっぷりと相手にも味わわせてあげましょう!

 

否定するデメリット

f:id:tanakayuuki0104:20190310202809p:plain


次は、否定された場合のデメリットです。

  • 相手を敵視する
  • 話を途中で切り上げたくなる
  • 話をする気が失せる
  • やる気を失う
  • イライラする
  • 相手の言うことを聞きたくなくなる

「否定」は相手に対してマイナスになる力を持っています。

話をしている時、相手から否定されると嫌な気分になりますよね?

そんな気分を、相手に味わわせてはいけません!

 

コミュニケーションをする時は、「共感」から入ろう

f:id:tanakayuuki0104:20190310203044j:plain

  • 世間話をする
  • 相談する
  • お願いする
  • 質問する 

話しをするタイミングはいつでもいいですが、とにかく「共感」することから始めましょう!何をするにしても、共感から入ることで、ものすごく相手を動かしやすくなります。

 

特に、偉ぶりたい人間は「否定」から入りがちです。

なぜなら、威張りたいから。

否定することで、相手を落としめて自分を優位に立たせることができるからです。

 

私の見てきた限り、

本当に優秀な人は偉ぶる必要がないため、「共感」から入ってくれます。

 

否定をすべき時

「共感」から入ろうといいつつも、否定すべき時があります。

それは、相手から否定されている時。

その場合、しっかりと相手にも否定を味わわせないといけません。

 

そうしないと、相手も気づかないからです。

 

自分だけ共感されて気持ちいいのに、相手を否定して嫌な気分にさせる。

それはただの、オナニーですよ。

バシッと気づかせてあげましょう!

 

まとめ

さて、いかがだったでしょうか?

私も「否定」から入らないように日々気をつけています。

 

「否定」から入っても、良いことなんてありません。

「共感」から入ることで、人間関係や仕事関係でも大いに良好になります。

 

 

さぁ、この記事にも早速「共感」してくださ〜い!

 (人*′Д`*)