俺の独断と偏見を聞いてほしい

仕事と育児の狭間でカキカキしているブログです。「働き方に対する思い」や「生活に役立つ情報」を中心に発信しています。

人手不足のなか頑張ると、企業の思う壺な話

f:id:tanakayuuki0104:20190302093043p:plain


人手不足だから、休めない・・・

 

そんなことってありませんか?

前回の記事でも書きましたが、

有給休暇の未取得理由の第一位は、「人手不足だから」です。

www.re-menn.com

 

確かに、休みづらいのはわかりますが、

実はそこで頑張ってしまうと、企業側の思う壺になります。

 

本来やるべきは、全く逆のことなのです。

 

なぜ頑張っちゃいけないのか?

「人手不足なんだから、誰よりも頑張って成果をあげるチャンスだ。」

 

もちろん、こんな前向きな人もいるかと思いますが、

そんな人ばかりじゃありませんよね。

 

実際、過剰な業務がありすぎて毎日イライラしている人も多いと思います。

やってもやっても終わらない仕事。

残業をして、なんとか終わらせて、ひと段落。

そして、また次の仕事へ・・・・。

 

 

けどそれ、実はとても危険な行為です。

 

 

企業側はこう思っています。

「こんなに少ない人数でも仕事を回せているな。」、

「よし、この部署に人の補充は不要だな」と。

 

なぜなら、

既存の人に頑張ってもらうほうが、新しい人員を追加するよりも低コストで済むからです。

 

企業側としては少数精鋭を求めています。

短い時間で密度の高い仕事をしてくれる人材を求めているのです。

 

バイトの時給と労働時間

f:id:tanakayuuki0104:20190302093222p:plain


企業側としては、「安い時給で密度の高い仕事をしてもらいたい」と思っています。

安い時給の中でテキパキ働いて欲しいし、悪く言えば、テキパキ働けるような仕組み作りをしているはずです。

 

経営者としては、「いかにして多く働かせるか?」を考えているものなのです。

  

もちろん、成果を出すことで店長等に昇格できる可能性はありますが、

元々が低賃金すぎるので余りメリットはないと考えてます。

むしろ、それを口実にたくさん働いてもらうための常套文句にすぎません。

 

本当にやるべきことは?

f:id:tanakayuuki0104:20190302093324j:plain


ホリエモンがよくこう言っています。

「ブラック企業のバイトを辞めない人がいるから、そういうバイトがなくならないんだ」

 

本当にその通りだと思います。

辞める人間、文句を言う人間がいないと、企業側は気づきません。

むしろ、気づかないふりをして利用してきます。

 

低賃金で多くの成果を出させることが、企業としての役割でもあるのですから。

 

結論 

人手不足で日々残業させられてるのであれば、

  • 仕事が終わってなくても帰る(できれば個人でなく、団体で行いたいですね)
  • その部署から異動する
  • その会社から転職する

などを実施し、企業側に理解させる必要があります。

 

「人に迷惑がかかるからそんなことできないよ」と思ってしまいますが、

いづれ誰かが辞めた場合を考えれば、それが早いか遅いかの差でしかありません。

 

人を大切にしない企業はとっとと潰していきましょう!