俺の独断と偏見を聞いてほしい

仕事と育児の狭間でカキカキしているブログです。「働き方に対する思い」や「生活に役立つ情報」を中心に発信しています。

【意外と知らない?】給与明細の控除について②

f:id:tanakayuuki0104:20190220205548p:plain

いやいや・・・こんなに引かれるものかよ。

 

給料明細を見るたびにゴッソリと引かれている保険料たち。

「なぜこんなに引かれにゃならんのだ?」

「引かれるからには引く覚悟もあるんだろうな」(・・?)

「給料泥棒!!」(泥棒じゃない)

 

前回から引き続き、

そんな毎月給料日にイライラしてしまう疑問にお答えいたします。

基本、会社員向けの内容です。 

まずは雇用保険

f:id:tanakayuuki0104:20190220205457p:plain


失業したら早速もらおう。

どんな保険なの?

労働者が失業して所得がなくなってしまった時、経済的な負担を救済するための給付金です。 

誰が対象なの?

労働者が対象となりますが、条件があります。

  1. 勤務開始時から最低31日以上働く見込みがあること
  2. 1週間あたり20時間以上働いていること
  3. 学生ではないこと

支払いは義務?

上記の対象者は義務です。

どんな時に適用される?

離職後、ハローワークへ行き「失業」の認定を受ける必要があります。

離職理由の判断手続きの流れは以下になります。

f:id:tanakayuuki0104:20190219223714p:plain

ハローワークインターネットサービス - 基本手当について

 

受給資格が決定後、「雇用保険受給者説明会」に参加します。

また、その期間中に原則として2回以上の求職活動実績が必要になります。

その後、「失業」が認定されるようです。

 

ちなみに、以下の場合は失業とは見なされません。

  • 病気やけがのために、すぐには就職できないとき
  • 妊娠・出産・育児のため、すぐには就職できないとき
  • 定年などで退職して、しばらく休養しようと思っているとき
  • 結婚などにより家事に専念し、すぐに就職することができないとき

どれくらいの期間、どれくらいの額が給付されるの?

色々と区分けがあるようなので、一番ベーシックなもの、

「解雇」や「倒産」による離職の場合を紹介します。

f:id:tanakayuuki0104:20190219224643p:plain

ハローワークインターネットサービス - 基本手当の所定給付日数

 

給付額

原則として「離職した日の直前6ヶ月に毎月決まって支払われた賃金」の約50〜80%。

賃金が低い人ほど高い利率で支給されるようです。

年齢区分ごとの上限額も定められています。

f:id:tanakayuuki0104:20190219225104p:plain

ハローワークインターネットサービス - 基本手当について

次は所得税 

f:id:tanakayuuki0104:20190220205710p:plain


所得にかかる税金って意味がよくわからん。

きっと、お金を使わない人間からでも税金を収めさせることができる画期的なシステムってことだな!

どんな税金なの?

 1年間の全ての所得から所得控除を差し引いた残りの所得にかかる税金のこと。

税率は一律ではなく、所得金額が多くなるに従い段階的に多くなる、累進課税制度です。

f:id:tanakayuuki0104:20190220201418p:plain

No.2260 所得税の税率|所得税|国税庁

お金を多く稼ぐ人から、多くの金を納税させる、革命的なシステムです。

 

何が対象なの?

対象の所得は、以下10種類です。

  • 利子所得
  • 配当所得
  • 不動産所得
  • 事業所得
  • 給与所得
  • 退職所得
  • 山林所得
  • 譲渡所得
  • 一時所得
  • 雑所得

 

ちなみに、宝くじはの当選金は非課税です。

なぜなら、当選金からはすでに税金が引かれているからだそうです。

支払いは義務?

上記の所得がある方は、支払わなければなりません。

 

会社員の方であれば、毎月引かれていると思います。

ご存知かとは思いますが、1年間の所得に対して税金がかかりますので、毎月引かれる金額は正しいものではありません。

そのため、年末調整で不足分や余剰分を調整しています。 

最後は住民税

f:id:tanakayuuki0104:20190220205407p:plain

どんな税金なの?

都道府県が徴収する都道府県税と、市町村が徴収する市町村税の総称になります。

当年収入をもとに決定した税額を翌年に収めます。

去年の所得額に応じて、今年の税率が決まるわけですね。

 

支払いは義務?

基本的には全員が対象となりますが、課税されない場合もあります。

税金の計算方法は複雑そうなので割愛しますが、おおよそ所得の10%くらいだそうです。

 

課税されないケース

  • 生活保護を受けている人
  • 障がい者、未成年者など前年中の合計所得額が125万円以下の人
  • 所得金額が市町村定める金額以下だった人

など。

何に使われているの?

一般的に用途に関しては公開していないようです。

  • 保険・医療
  • 子育て支援
  • 道路・公園緑地などの整備
  • 学校教育

などに使われているようですね。 

まとめ

毎月引かれているくせに、私も詳細が全然わかっていませんでした。

内容を理解した上で給与明細を見ると納得は・・・・しきれませんね(^ ^;)

 

けど、こういった税金の上で環境が整っているのであれば、

まぁ致し方ないのかもしれません。

 

皆さん、税金はしっかりと収めましょう!

 

脱税ダメ絶対!

f:id:tanakayuuki0104:20190220205313p:plain