俺の独断と偏見を聞いてほしい

仕事と育児の狭間でカキカキしているブログです。キャッシュレス決済を中心に役立つ情報を発信しています!

【仕事を辞める前に】仕事ができると思わせる5つのポイント

f:id:tanakayuuki0104:20190210221329p:plain

今回は仕事をできると思わせる方法を紹介しようと思います。

 

これは実際に私がやってきて効果があった手法です。

 

過去の記事でも言ってますが、私は全然仕事のできない人間でした。

 

それを克服するため、色々と試行錯誤し、

仕事が一通りできるようになり上司に信頼されるまでに至りました。

 

当時はどうすれば仕事がうまく回せるか全然わからず、

七転び八起きしながらもようやくたどり着いた感じです。

 

仕事ができず悩んでいる方がいらっしゃれば、

仕事を辞めてしまう前にぜひ見ていただければと思います。

 

仕事ができると思わせる5つのポイント 

即レス・即アクション

仕事の基本ですね。

お願いされた案件、メール、電話等々。

自分にパスされたものはすぐに打ち返しましょう。

 

考える必要があることや、誰かに相談することでなければ、

即返信です。

考える場合や相談する場合でも、即アクションで次のステップへ移行させましょう。

 

[効果]
  • 溜まった仕事がなくなる
  • 処理されるため、脳のタスクが減る
  • 精神的にものすごく良い

 

日程表の作成と毎日のToDoリスト

これも基本ですね。

週間、月間レベルの日程表と毎日のToDoリスト。

書式はなんでもいいです。

これを書くだけで、仕事がはかどりますし、やり忘れが圧倒的に減ります。

 

ToDoリストは毎朝出勤したら、必ず書きましょう。

その後はそのリストに従い、仕事を潰していくだけになります。

 

[効果]
  • 仕事の納期が明確になる
  • その日にやるべき仕事がわかる
  • 前もって関係部署に連絡できる
  • 予定を忘れなくなる 

 

メール処理の方法

メールが溜まっていくと、何をしたのか、してないかがわかりにくくなります。

簡易的な指標として、フォルダ分けをしておくと便利です。

 

複雑にすると余計面倒になるので、

やるべきことは1つだけ。

 

処理フォルダの作成。

これだけです。

 

「受信フォルダ」にきたメールを処理したら「処理フォルダ」へ移す。

そして、常に「受信フォルダ」を空にしておく。

 

[効果]
  • 未処理のメールが明確になる
  • 空になれば、ものすごくスッキリする

 

学んだことはメモをして、メールで残す

学んでも人間はすぐに忘れます。

で、メモに残すのは当たり前。

 

ですが、そのメモ自体がどこにあるのか忘れてしまうこともよくあります。

 

そんなときは、メールで残すのが便利です。

 

自分宛に学んだ内容をメモして送信。

これだけです。

 

必要なときは、メール検索をするだけ。

メールで一元管理ができれば、どこにあるかなんて考える必要もありません。 

 

[効果]
  • 学んだ内容を思い出せる
  • そのメモがどこにあるのか把握できる

 

マニュアルを見ながら作業

これ意外とやってない人が多いと思いますが、

わからない場合は当たり前ですが、多少理解していてもマニュアルを見ながら作業をするべきです。

 

人間の記憶はあまり当てになりません。

「こうだったかな?」と曖昧な記憶でやっても、意外と全然違ったりします。

 

正々堂々とマニュアルを見ましょう。

そして、簡単に見れるところにマニュアルを保存しておきましょう。

 

[効果]
  • 手順がわかる
  • 記憶違いのミスが減る

 

まとめ

全然まだまだ仕事のコツはあると思いますが、

たくさん上げすぎてもしょうがないので、

かなり絞ってみました。

 

上記のポイントを実行してもらえれば、

かなり仕事がうまく進むと思います。

 

もちろん、私もまだまだ未熟な部分は多いです。

これからも、さらなるブラッシュアップをしてきますが、

 

今回の内容が、ぜひ参考になれば幸いです(^ ^)