俺の独断と偏見を聞いてほしい

仕事と育児の狭間でカキカキしているブログです。「働き方に対する思い」や「生活に役立つ情報」を中心に発信しています。

仕事で信頼を得られる3つのポイント

 

f:id:tanakayuuki0104:20190202204422p:plain


仕事で信頼を得ることは、ものすごく重要です。

 

少し前の記事でも書きましたが、

信頼が増えることに比例して、自由度も増すからです。

そして、上司から支持されれば出世に繋がることも・・・。

www.re-menn.com

 

今回は実際の私の経験になりますが、信頼を得られる方法を紹介したいと思います。

 

上司から信頼を得られる3つのポイント

上司から信頼を得ることは、最早1番重要かもしれません。

いくら業績をあげることができても、上司に気に入られなければ何にもならないのですから。

 

さて、意識するポイントは以下3つです。

  1. 上司から振られた仕事は優先順位をあげて対応
  2. 上司の意見には逆らわず、従順となる
  3. 聞かれたことは即確認する

 

上から順に解説していきます。

上司から振られた仕事は優先順位をあげて対応

当たり前のことかもしれませんが、ものすごく効果的です。

多少忙しくてもさっさとこなす。

相手も嬉しいし、自分も安心します。

 

「いつできるんだ!?」なんてことを聞かれる心配がなくなりますから。

↑これ聞かれた時点で評価はマイナスですね(^ ^;)

 

相手に”自分のために優先順位をあげてくれること”をされてみれば、

それがめちゃくちゃ効果的だということがわかると思います。

相手のことを信頼して好感度も高まりますね。

 

上司の意見には逆らわず、従順となる

意外と勘違いしてしまうかもしれませんが、基本的には従順になったほうがいいです。

 

自分の意見を持って、反論や提案をすることが良いということを聞きますが、正直あまり良いとは思いません。

特に相手が年上の場合ですね。

 

人は基本的に自分の意見に同調して欲しいはずです。

年下の人間が口答えしたり、新提案をしてくる。

そうなると自分の仕事が増える可能性もありますから、あまりいい評価を与えてはくれません。

 

意見を持つことは素晴らしいことですが、

相手や言い方を選ばないと痛い目をみることになります。

 

自分がやりたいことは、自分が上になってから始めればいいのですから。

 

聞かれたことは即確認する

小さいポイントではありますが、割と評判がいいです。

 

聞かれたことは即確認して報告する。

自分とは関係のないことを聞かれても、とりあえず調べてあげて教えてあげる。 

 

それだけでグッと評価が高まります。

 

取引先から信頼を得られる3つのポイント

次は社外の取引先との関係になります。

別に普通に接していれば問題ないとは思いますが。

 

私が意識しているポイントは以下3つです。

  1. 無理難題を押し付けない
  2. 威張らない
  3. 問い合わせは即返信する

 

では、解説していきます。

無理難題を押し付けない

納期が厳しい場合や見積もりが高額の場合など、

取引先にプレッシャーをかけ交渉することもあるかと思います。

 

特に納期は出来るだけ縮めて欲しいこともあると思います。

けど、考えてみてください。

それ、別に取引先が悪いわけではなく、

発注元の我々が動き出すのが遅すぎただけじゃないですか?

 

大方そのケースが多いように思えます。

優秀な人間であれば、早めに動いて短納期とならないよう調整するはずです。

 

無理難題を押し付けてしまう時点で、

相手からの評価は下がり、自分の能力を疑われかねません。

 

威張らない

これもたまにいますが、下請会社にはめっぽう強く出る人。

電話やメールの文面も圧力をかけるような形で、なぜか偉そう。

 

別に威張る必要なんてないじゃないですか。

威張る必要があるのだとしたら、それはあなたに対する評価が悪いからです。

まずは自分を見つめ直すことから始めましょう。

 

問い合わせは即返信する

これは上司編でのポイントと同じですね。

即レスは評価を高めてくれます。

 

まとめ

書いてて何とな〜く社畜みたいだなーと思ってしまいました(笑)

別に社畜になる必要はないと思います。

とりあえず最低限評価は高めておく。

それだけで、仕事上でのストレスも減りますし、

相手も自分のために動いてくれるようになりますから。