俺の独断と偏見を聞いてほしい

仕事と育児の狭間でカキカキしているブログです。キャッシュレス決済を中心に役立つ情報を発信しています!

残業代の割増賃率はお得なのか?

f:id:tanakayuuki0104:20190123210401p:plain


労働基準法によれば、

法定労働時間  1日8時間、週40時間を超えた場合、

割増の賃金を支払うことを義務としています。

 

その時間外労働では、割増率25%以上、

1ヶ月60時間を超える場合には、割増率50%以上

支払われる必要があります。

 

「以上」とあるものの、

一般的な企業では最低ラインの25%が普通だと思います。

(私の会社もそうです。)

 

給料が少ない方は、残業代で稼ぐ!という方も多いと思います。

(仕事がないくせに居残るやつ、わざと仕事をゆっくりやって居残る奴らは最悪ですが)

 

さて、ここでふと思ったのですが、

この割増賃金は本当にお得なのでしょうか?

固定給の時給を計算してみる

まずは固定給を以下と想定します。

250,000円

 

交通費や家賃補助等の福利厚生は含めません。

なぜなら、それは各々で環境が違うためです。

 

250,000円 ÷ 160h(40hx4week) = 1,562円

 

時給は1562円となりました。

 

ん〜、少ないですね(^ ^;)

 

ちなみに、年間休日数により月160hというのは異なりますので、

適宜変更してください。

わたしは、年間休日数と労働時間を計算し、結果約160hとなりました。

なんとなく、妥当な感じですね。

 

残業代の時給を計算してみる

次に、残業代を計算してみます。

 

1562円 x 1.25(割増率) = 1952円

 

1.25は最低の割増率として計算。

月60時間を超えていない想定です。

 

こうみると、残業代のほうが高くなりお得な感じがしますね。

 

 

 

・・・果たしてそうでしょうか?

ボーナスも入れて計算し直してみよう

おっと、忘れてました。

庶民の味方、ボーナスがありました。

これも盛り込んで置かないといけませんね。

 

年度4ヶ月と想定して計算し直します。

年度の合計で計算してみましょう。

 

まずは年収、

250,000円 x16ヶ月(12+4) = 4,000,000円

 

次に時給です。

4,000,000円 ÷ (160h x 12ヶ月) = 2083円

 

ボーナスを含めて計算した時給は2083円となりました。

 

 

・・・あれ?

別に残業代はお得じゃない

割とざっくりした計算ですが、残業代がお得になっていないことがわかります。

「割増賃率だから得をしている」なんて安易に考えてはいけないのです。

 

定時間を過ぎれば、業務効率も落ち、疲労も溜まっていきます。

そのため対価が、定時内で働く給料と同じなんて。。。

 

とてもガッカリしました。

これなら、家に帰って好きなことをしてたほうが良くないですか??

 

結論

とっとと仕事を終わらせて、はよ帰りましょう。

自分も会社も誰も得しませんよ(^ ^;)