俺の独断と偏見を聞いてほしい

仕事と育児の狭間でカキカキしているブログです。「働き方に対する思い」や「生活に役立つ情報」を中心に発信しています。

【洗脳?】優秀な会社員ほど副業を考えない理由

f:id:tanakayuuki0104:20190216145323p:plain


周りをみていると「この人優秀なのに・・・」って思うのに、

毎日会社に通い、安い給料で働いている人が多い。

 

別の企業に転職したり副業をすれば、

絶対に今よりも稼げるし、裕福な生活を送れるだろうなと思うのだけれど、現実はそうなってはいない。

 

それはなぜなのか?自分の経験をもとに少し考えてみた。

 

 

会社員こそが正であり、正しい生き方

 

組織にはルールがあり、そのルールを犯すもの、脅かすものは煙たがられる。

そもそも組織での優秀な人ということを考えると、まずルールに厳格なのだ。

え?と思うようなルールがあったとしても、それを守り抜く。

 

例えば、自分が最近一番びっくりしたのは、スマホを職場に持ち込んではいけないというルール。

 

  • 1日中そこにいないといけないのに見ちゃいけないの??
  • 緊急連絡あったらどうするの?

 

と誰しもが疑問に思うようなルールだ。

しかし、みんなぼそりと批判はするけれど、

ストライキのようなことをするわけではなく、

すぐさまそれに適応する。

 

そう、優秀な人間はルールを遵守することが得意なのだ

 

ちなみに僕は不得手である。

そのため、色々と文句を言われてきた。。。

自由に生きたいからね。

 

まぁ、それはさておき、

そもそも学校教育ではルールを守ることを強いられる。

そこで強い洗脳を受けるのだろう。

学校は会社員製造所と言われるくらいだから。

 

では、副業禁止というルールがあった場合、彼らはどうするだろうか?

 

そう、間違いなくそれに従う。

それがルールだから。それ以上は何も考えない。

 

その人たちがもっと稼ぎたいと思ったらどうするか?

出世を目指すのである。

だって副業が禁止されているから。

出世しか道がないとそう思っているに違いない。

 

ルールに従うものは、そのルール自体を疑うことをしない。

そして、その継続期間が長くなれば長くなるほど、その洗脳は強くなる。

 

そして会社員でいることが正であり、

他の収入源を考えることをしなくなるのである。

 

会社員というのは人口比率でいうと9割いるらしい。

大多数は会社員であることを考えると、その道が正しいと思いこんでしまっても

仕方がないことだとは思う。

 

大きくつまずかない

これは割と大きいことだと思う。

かく言う自分も仕事上での大きなつまづきを経験したことで、

洗脳が解けたからだ。

会社員が正ではないというシンプルなことに。

 

優秀な人は、大きなつまづきを経験しにくいというのは、

なんとなくわかると思う。

 

多少仕事が嫌になる時期があるかもしれないけど、

リスクを負ってまで、そこを辞める選択はしない。

そこまで大きなミスをしないからだ。

 

だからこそ、気づけない。

その枠の外を見ることができない。

 

*****

自分が周りを見ていて思うのは、以上のことだ。

もちろん他にも要因はたくさんあるだろうし、書ききれていない部分はたくさんある。

けど、枠の外を知らないことは、それはそれで幸せなのだろうと思う。

実際、そういう人に話をしても理解は得られない。

自分の道が正しいと信じているから。

信じていないと、自己否定に陥ってしまうから。

結局は、自分から気づかないといけないのだ。

 

ではでは。。