俺の独断と偏見を聞いてほしい

お得なキャシュレス情報をメインに発信するブログです。

仕事

【出世したい?したくない?】会社での出世はメリットばかりではない話

会社勤めが長くなると、自分の同期が少しづつ出世を始めていきます。 最初の頃はみな並列で進んでいたはずなのに、 少しづつ差が開いていき、いつのまにか大きな差になってしまっている。 自分のいる部署などの環境による場合もありますが、 出世しようもな…

会社役員が作るパワポを見て思ったこと

最近は決算の時期であり、 会社の経営陣は、売り上げや利益を算出し、結果を出そうと必死になっています。 経営陣は結果を求められます。 目標に対してどのくらい達成しているのか? 達成していないのなら、これからどうしていくのか? 大きな結果を求められ…

【技術紹介】スタンレー電気の「スマート街路灯」

・・・ そう言えば私、技術屋なんですよね。 えっ?そうなの??(゚д゚lll) なんて言葉が聞こえてきたら嬉しいですが、そうなんですね。 今まで書いてきた記事をみると、技術要素は一切なし。 ここまでくると、逆にあっぱれですね(^ ^;) そんなわけで、今回は…

【エクスペディア調査結果】日本の有給休暇取得率は世界最下位なの?

みなさん、 日本の有給休暇取得率をご存知でしょうか? 2018年にエクスペディアより発表された調査によると、 日本の有給取得率は3年連続世界最下位になったそうです。 ひどいもんですね〜(^ ^;) 今回はその調査結果を見ながら、 日本の惨憺(さんたん)たる結…

【意外と知らない?】給与明細の控除について②

いやいや・・・こんなに引かれるものかよ。 給料明細を見るたびにゴッソリと引かれている保険料たち。 「なぜこんなに引かれにゃならんのだ?」 「引かれるからには引く覚悟もあるんだろうな」(・・?) 「給料泥棒!!」(泥棒じゃない) 前回から引き続き、 そ…

【意外と知らない?】給与明細の控除について①

おいおい・・・こんなに引かれるのかよ。 給料明細を見るたびにガッツリと引かれている保険料たち。 「なぜこんなに引かれにゃならんのだ?」 「そもそもこれ何だよ?」 「詐欺だ!!」(詐欺じゃない) 今回はそんな毎月給料日にイライラしてしまう疑問にお答…

定時できっちりダッシュする方法

帰りたくても帰れない。 勤め人として生きていると、そんな日も多くあるかと思います。 かくいう私も、毎日10時頃まで働いていました。 やってもやっても終わらない仕事。 周りにも帰れない人たち。 定時ダッシュは夢のまた夢。 そんな、しんどい日々を過ご…

雑用をするメリット

どうも、晩年雑用係のゆーきです! 若い頃は誰しも、雑用をやらされることが多いかと思います。 (最近の若い人は違うのかもしれませんが・・・) コピーや探し物、打ち合わせの予約から議事録作成まで、 多種多様な雑用がありますが、そんな雑用を続けること…

スシローの働き方改革は妥当なのか?

スシローが一斉休業するとのニュースが流れています。 2/5(火)、6(水)に約500店舗を一斉休業する予定です。 (複合施設内にある10店舗程度は通常営業予定らしい) 従業員の働き方改革として行われるようであるが、 この制度の妥当性について考えてみました。

上司が威張る時代はもうすぐ終わりを迎える

社会は年功序列の時代を終え、フラット化する方向へ進んでいます。 (と個人的に思ってます) 私が会社に入社した時代にはもう消えつつありましたが、 上司からの罵倒、叱咤、暴力など、 昔は蔓延していたと思うと本当に恐ろしいですね。 人を萎縮させ、支配す…

有給休暇を捨てるのは、札束を捨てるようなものだ!

有給休暇。 それは勤め人にとって、 喉から手が出るほど欲しいもの。 働かずとも金が手に入る、いわば錬金術です。 取得しないのは勝手であるが、 それが重大な損失だということを理解している人は少ないですね。

年功序列って必要なの?

日本の企業とは切ってもきれない関係にある 年功序列賃金性 働き方への改革が進むにつれて、 自分の中でその必要性については疑問が多くなってきてます。 ・そもそも年功序列制度がなぜ成立しているのか ・今後の社会として必要なのか について少し考えてみ…

仕事をサクッと終わらせる術

さて早速ですが、最近異常に仕事を回せるようになった私。 歯車が噛み合うようにどんどんと仕事が進んでいきます。 それはまるで、毛虫から羽化した蝶のよう。 今だったら、何処へでも飛んでいけそうなそんな予感・・・。 よくわからない例えになってしまっ…

カルロス・ゴーン逮捕

"カルロス・ゴーン氏逮捕"というニュースが飛び交っている。 自動車業界にいるもの(日産関係じゃないよ)として、 事の経緯と私的見解についてまとめてみようと思う。